体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xiaomi、Snapdragon 625に改装した「Redmi Note 4」を発表

Xiaomi は 1 月 19 日、低価格な Android ファブレット「Redmi Note 4」の Snapdragon モデルをインドで発表しました。Redmi Note 4 はこれまでに中国、香港、台湾で発売されてきましたが、いずれも Helio X10 を搭載しています。今回の Snapdragon モデルでは 14nm プロセスの Snapdragon 625 を搭載しており、Helio X10 よりも性能や消費電力の面で優れていると言えます。インドでは 2GB RAM + 32GB ROM、3GB RAM + 32GB ROM、4GB RAM + 64GB ROM の 3 タイプが発売される予定で、1 月 23 日に Flipkart と mi.com で発売されます。価格は 9,999 ~ 12,999 ルピーです。他のスペックは Helio X10 モデルとほぼ共有しています。Android 6.0、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、4,100mAh バッテリー、指紋リーダーなどを搭載しています。Xiaomi は Redmi Note 4 を発表したほか、現地のスマートフォン向けに Android 7.0 Nougat のファームウェアを開発しているコトも明らかにしています。Source : Twitter

■関連記事
Nokia 6が中国で発売開始、わずか数秒で初回分は完売に
ジャパンディスプレイ、ハイエンドスマートフォン向けWQHD高精細ディスプレイ“Hi-Reso Display”の量産を開始
Android版「LINE」がv7.0.0にバージョンアップ、写真と動画の両方を同時にトークに送信可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。