ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ハードウェアスタートアップの注目製品がズラリ Amazonがスタートアップ製品のストアと出店サポートプログラムを展開する『Amazon Launchpad』を開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハードウェアスタートアップの注目製品がズラリ Amazonがスタートアップ製品のストアと出店サポートプログラムを展開する『Amazon Launchpad』を開始

Amazon.co.jp(以下Amazon)は1月18日、グローバルで展開しているプログラム『Amazon Launchpad』を日本で開始。都内で発表会を開催しました。スタートアップ企業の製品を集め、ブランドストーリーまで詳細に紹介するストア『Amazon Launchpad ストア』を開設するのと同時に、出品ツールや配送サービス、ブランディング、海外販売の支援といった出店サポートプログラムを提供します。

alp2 alp3 alp4

『Amazon Launchpad ストア』は、『Amazon』で「Amazon Launchpad」と検索して表示可能。ビジュアルを多用した商品紹介や動画へのリンクにより、詳しく商品が紹介されているのが特徴です。

alp5

「スタートアップについて」という項目では質問形式でブランドのストーリーが語られる記事を掲載。スタートアップ企業のブランディングを支援しています。

alp6

日本からは15社が参加。記事執筆時点で、国内外のスタートアップ企業が141製品を販売しています。

alp24

『Amazon Launchpad』がスタートアップ向けに提供するサービスの特徴は「迅速な販売開始」「露出機械の拡大」「ブランド構築」「グローバル進出」の4点。

alp25 alp26

たとえば、『Amazonマーケットプレイス』のように製品をAmazonへ納品すると、Amazonが購入者へ配送してくれる『フルフィルメント BY Amazon』が利用でき、同サービスは海外での販売にも利用可能。このほか、出品者向けのオンライン講座、『Amazon』上に表示するセラー広告、運転資金を融資する『Amazon レンディング』、自社サイトでAmazonアカウントによる決済を可能にする『Amazon ログイン&ペイメント』といったサービスが利用可能になります。

alp27

発表会とそれに続くパネルディスカッションでは、スタートアップ各社が登壇。「スタートアップには販売、在庫管理、梱包、発送といった作業が障壁になる。『Amazon Launchpad』を使うことでプロダクトづくりに集中できる」(MAMORIO 代表取締役の増木大己氏)、「我々は新しい体験や新しい世界を作りたい。世界観やストーリーに共感できる人と出会える場になるといい」(BONX CEOの宮坂貴大氏)など期待の声が寄せられました。

発表会場では『Amazon Launchpad ストア』で実際に販売されているスタートアップ企業の製品が展示されていたので、ここでご紹介します。

alp7

『SOUND TABLE/Cube/Natural Brown/サウンドテーブル/キューブ/ナチュラルブラウン』(KAMARQ)

alp8

『Cerevo プロジェクター Tipron プロジェクタロボット 可変走行 CDP-TP01A』(Cerevo)

alp9

『MAMORIO』(MAMORIO)

alp10

『VIE SHAIR – Black : ヴィー・シェア(ブラック)/耳が痛くならないワイヤレスエアーヘッドホン』(VIE STYLE)

alp11

『音声アシスト搭載ヒアラブル「APlay/エープレイ」 NA1L/Bluetoothワイヤレス/Androidスマホ通知読み上げ・音声返信・いいね返信/aptX対応/連続再生6時間』(APlay)

alp12

『Moff Band(モフバンド) オレンジ ウェアラブルおもちゃ/スマートトイ iOS/Android対応』(Moff)

alp13

『Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒)BB-8(ドライブ/ホログラム機能 R001ROW』(Sphero)

alp14

『COCOKIDS 親子セット(オレンジ)』(COCOKIDS)

alp15

『Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック) スマートフォンで自宅のドアをキーレス化 Q-SL1』(Qrio)

alp16

『ユカイ工学 BOCCO ボッコ』(DMM.make ROBOTS)

alp17

『エクストリームコミュニケーションギア BONX Grip』(BONX)

alp18

『ランベル(Runbell)2.0 ランナー専用のランニングベル』(Runbell)

alp19

『Monster GODJ-C ポータブルDJ機器 バッテリー駆動』(Monster GODJ)

alp20

『[ヒッキーズ] HICKIES 靴ひも C101』(HICKIES)

alp21

『毎日できる最高の親孝行<まごチャンネル> 受信ボックス 名入れなしモデル スマホで撮った動画や写真がご実家のテレビへ 1年分の利用料込み』(まごチャンネル)

alp22

『日常を表現にする。スマートフットウェア Orphe(オルフェ)』(orphe)

alp23

『窓の戸締りをスマホで一括チェック、スマート窓センサーleafee mag(ホワイト)』(leafee)

国内のスタートアップ製品から、今後『Amazon Launchpad』をきっかけに海外でヒットする事例が現れるかもしれません。注目製品がそろう『Amazon Launchpad ストア』をチェックしてみては。

Amazon Launchpad ストア
http://www.amazon.co.jp/launchpad

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。