体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代はオタクばかり!? カラオケランキング上位が“アニソンとボカロ曲のみ”で全国に戦慄が走る

20170116_201915

20代からオーバー60代までの各世代チームが世代別クイズに挑戦するバラエティ番組『中居正広VS芸能人50人! 世代別クイズバトル ジェネレーションチャンプ』がテレビ朝日で1月16日に放送された。

「子供の頃に感動した『五輪メダリスト』は?」など、世代別の「あるある」を全国1万人にアンケート調査。その結果を元に、20代~60代までの5世代の上位ベスト5を当てるクイズ企画などが行なわれた。

“世代別のカラオケ人気曲”を当てるクイズも出題され、「2016年JOYSOUND会員が歌う人気曲ランキング」を発表。

20170116_202301

20代の上位5位は以下。

1位 シュガーソングとビターステップ(UNISON SQUARE GARDEN)
2位 ライオン(May’n/中島愛)
3位 はなまるぴっぴはよいこだけ(A応P)
4位 千本桜(WhiteFlame feat 初音ミク )
5位 君の知らない物語(supercell)

4曲がアニメの主題歌やエンディング曲、1曲がボカロ曲といったラインナップだったのだ。
放送直後から、

・20代のカラオケランキング、アニソンだらけ
・20代の若者が選ぶカラオケソングがヤバイ
・世代別カラオケランキングの20代、ザ・オタクって感じだった
・2016年20代がカラオケで歌った曲ランキングが他の年代と比べて異次元
・20代のカラオケランキング全部オタ曲で戦慄

とネットで「20代オタクばっかり」と大きな話題に。

しかし、JOYSOUNDが比較的アニソンのラインナップが豊富ということもあり、「履歴みると、だいたいそのラインナップだよな」「DAMしか入らんけど、DAMと全然違うな」のコメントや、「どちらかと言うと30代に千本桜が入ることにびっくりする」といった反応もあった。

※画像は記者撮影。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。