体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カルビーの“利益率が5年で10倍”を実現させた「働き方改革」とは?

f:id:k_kushida:20170110180849j:plain

カルビーといえば、「かっぱえびせん」や「じゃがりこ」など、昔ながらの大ヒット商品を持つ老舗菓子メーカー、というイメージを持っている人も少なくないかもしれない。ところがこのカルビーが、この5年で大きく変わったことをご存じだろうか。象徴的な事実が、会社としての利益率がわずか5年で10倍にもなっていること。カルビーにいったい何が起きたのか。この間に進められたのが、働き方の大きな改革だ。

会長兼CEOの松本氏による「成果主義の徹底」

きっかけは、2009年6月、伊藤忠商事を経てジョンソンエンドジョンソンでの社長経験を持つ松本晃氏が、カルビーの会長兼CEOに就任したこと。そこから大きな働き方改革は始まった。成果主義を徹底し、社員の意識改革を断行。これが、会社を大きく変えた。広報課長の野原和歌氏は語る。f:id:k_kushida:20161226182824j:plain

▲カルビー株式会社 コーポレートコミュニケーション室広報部広報課課長 野原和歌さん

「働き方の改革は、もちろん改革そのものが目的だったわけではありません。人材をどう活用していくか、イノベーションが起きる環境をどうつくっていくか、そのための仕組みや制度をどうつくっていくか。結果として、お客さまから支持を得て、売り上げや利益を伸ばしていく。それを従業員に還元していく、という取り組みです」

目標へのコミットメントのため、全員「契約書」にサインをする

働き方改革の代表的なものには、大きく3つがあるという。中でも注目したいのが、他の会社ではあまりお目にかかったことがない、カルビーならではの独自性が強く感じられる「マネジメント」方法だ。松本氏の働き方改革により、人事制度は大きく変わった。

「まず、役職が極めてシンプルになりました。会長、社長、副社長、常務、上級執行役員、執行役員(本部長)、部長、課長、メンバーというのが、基本です」

そして仕事の目標が明確化された。何をしなければいけないか、何をすれば評価されるのかが、はっきりしたのだ。

「それぞれが上司と一年間の仕事内容と目標のコミットメントを確認して、「契約書」にサインをするんです。会長は取締役会とコミットメントを交わして契約書にサインする。社長は会長とコミットメントを交わす。役員は社長と交わす。部長は本部長と、課長は部長と交わす。メンバーも課長と交わして、最後は全員が契約書にサインします」

上司から順に目標がブレークダウンされていく、という仕組みだ。しかも、役職者のコミットメントは、社内のポータルで公開されるという。どんな成果だったのか、ということも公開される。

「コミットメントはすべて数値化しなければいけない、というルールになっています。スタッフ系であっても、売り上げや利益に結びつくという視点から数字に落としこんで目標を作る必要があります。だから、成果は透明性高く評価されます」

今では、松本氏が導入した目標と成果の明確化「C&A(コミットメント&アカウンタビリティ)」という言葉は、社内ですっかり一般化したという。

「目標となるコミットメントづくりは、最初は下手くそだった、と松本は言っていましたが、6年間の経験値が蓄積されてきています。上司と一緒に考えたりしますが、中には時間をかけてシビアに交渉するケースもあるようです」

というのも、成果は賞与に確実に反映されるからだ。ベースとなる給料は役職によって決まっており、これも開示されている。しかし、成果で賞与が大きく変わるのだ。

「2倍以上の開きが出ることもあります。また、成果が出なければ、降格もある。そのかわり、再びの昇進もあります。コミットメントも成果も公開されますから、こういうことがまったく特別なことではない、という空気になりました」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。