体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤラセなしでも“殺らせ”あり!? ドッキリ番組に殺人鬼が現れる逆ドッキリホラー『スケア・キャンペーン』

SCARECAMPAIGN_main

テレビのドッキリ番組ではときどき行き過ぎたドッキリの演出に「イジメじゃないか」なんて視聴者からの苦情が来るようですが、イジメどころじゃない“ドッキリ”が描かれるホラー『スケアキャンペーン』が日本上陸、『未体験ゾーンの映画たち2017』にて劇場公開。しかもこちらは、ドッキリを仕掛けた相手が殺人鬼だったというとんでもない逆ドッキリでございます。

過激なネット動画人気の煽りを受け、視聴率が低迷するテレビのドッキリ番組。いっちょここらで刺激の強いの一発やろうじゃねえか!と、いかにも出そうな廃墟の病院に大規模な仕掛けを投入、一般人に向けたドッキリを敢行。ところがどっこいそこに現れたのは殺人鬼!? お化けメイクで脅かしたらあら大変、包丁片手に血まみれ大逆襲! ひとりまたひとりと襲われていくスタッフたち。一体どこまでが本物で、どこまでがヤラセなのか!? この番組は一体ど~なっちゃうの!?

SCARECAMPAIGN_sub03

今作を手がけるのは、人体肥料工場を描いたホラーコメディ『モーガン・ブラザーズ』が日本でも劇場公開された、コリン・ケアンズ&キャメロン・ケアンズのご兄弟。M・ナイト・シャマラン監督『ヴィジット』に主演した女の子、オリヴィア・デヨングちゃんも今作に出演、見事な絶叫でスクリームクイーンを務めております。

先の読めないヒネリのある展開、サクッと観られる80分! 映画『スケアキャンペーン』は1月14日より公開です。どうぞ、お楽しみに。

『スケア・キャンペーン』
【キャスト】ミーガン・ワーナー、イアン・メドウズ、オリヴィア・デヨング『ヴィジット』、シグリッド・ソーントン
【スタッフ】監督・脚本:コリン・ケアンズ&キャメロン・ケアンズ『モーガン・ブラザーズ』
2016年/オーストラリア/80分/カラー/原題:SCARE CAMPAIGN/配給:クロックワークス

『未体験ゾーンの映画祭2017』
実施会場:ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田、一部作品除きオンライン上映あり
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017


SCARECAMPAIGN_poster SCARECAMPAIGN_sub06 SCARECAMPAIGN_sub01 SCARECAMPAIGN_sub02 OLYMPUS DIGITAL CAMERA SCARECAMPAIGN_sub05

(C) WILDSIDE 2014

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。