体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20個の音響装置を革ジャンに! 『WEARABLE ONE OK ROCK』を着て聴いてみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公募で選ばれた1000人の18歳と一緒にステージに作る『ONE OK ROCK18祭 ~1000人の奇跡 We are~』が2017年1月9日に放送されたばかりで、新曲『We are』がNHKのサッカー番組のテーマ曲にも選ばれたロックバンドONE OK ROCK。ニューアルバム『Ambitions』が2017年1月11日にリリースすることを記念して、タワーレコード渋谷で世界初の“着る試聴会”『WEARABLE ONE OK ROCK』をタワーレコード渋谷で開催されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボーカルのTakaのイメージ通り、エモーショナルなロックサウンドに合いそうな革ジャン2点は、ONE OK ROCKのスタイリストの丸本達雄氏がこのプロジェクトのためにオリジナルで制作したもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「着れるということを第一に、ヘッドフォンやスピーカーで聴くのとは別の体験ができるというのがコンセプト」と語るのは、音響デザインを担当したメディアアーティストの落合陽一氏。ジャケット全身で合うようにマスタリングを実施し、コーラスの臨場感を出すために20箇所におよぶ周波数の違うスピーカーから音を出しているとのこと。背中の部分には強いウーファーをかけていて、「音のシャワーを降り注いでいる感覚や身体に直接振動がくるという新しい体験になっている」と強調しました。

woor_20160110_05

筆者も実際に来てみましたが、ストリングスやベースの音まで腕や胸から振動と共に聴こえてきて、曲全体が身体から発散されているような不思議な感覚に包まれました。とりわけ背中から発さられる1000人でのコーラスの迫力と抜け感、そしてエモーショナルなボーカルを体感できるというのは、ファンにとってはたまらないのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャケットが極上の音響装置に仕込まれたという『WEARABLE ONE OK ROCK』は、タワーレコード渋谷で2017年1月10日・11日に一般公開。当日に整理券を特設カウンターで先着順で配布しているので、ONE OK ROCKのファンはもちろん、最新の音響体験をしてみたいという人は参加してみてはいかがでしょうか。

WEARABLE ONE OK ROCK
http://wearable-oneokrock.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。