体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今ひとつ盛り上がらなかったミニ クーペだが、100万円台となれば話は別だ!

▲魅力的な「ミズスマシ」ではあるが、小さな2人乗りの車としては高い……というのがネックだったミニ クーペ。しかしその中古車相場は最近になってグッと下がってきたのです!

▲魅力的な「ミズスマシ」ではあるが、小さな2人乗りの車としては高い……というのがネックだったミニ クーペ。しかしその中古車相場は最近になってグッと下がってきたのです!

「もう少し安けりゃ即買いなんだが……」と思う瞬間

商店街やスーパーマーケットの店内などを歩いていると、売り子さんというのか呼び込みさんというのか知らないが、様々な人が「そこのあなた! あなたは、わたしが今売っているこの素晴らしい製品に注目するべきですぞ!」という意味の声をかけてくる。

で、わたくしこと筆者はその声を基本スルーするわけだが、だからといって、その商品に対する興味が常にゼロなわけではない。そちらを見てないようで実はチラ見しつつ、「……良さげな品だな。でもちょっと高いな。あと500円安けりゃ即買いなんだが……」などと内心思っていることも多い。これは、筆者のみならず割と多くの人が取っている行動だろう。

そして「ミニ ミニクーペ」という車に対しても、そんなニュアンスの態度を取っていた人は割と多かったのではないかと推測している。

今ひとつマイナーな車ではあるがミニクーペとは、第2世代(旧型)のミニをベースに作られた2人乗りのクーペモデルだ。

同時期のハッチバックと比べて全高が50mm低く、Aピラーの傾斜も13度強められたかなりスポーティなスタイリングと、軽量・低重心である点が大きな特徴。そしてその走りは「ゴーカートフィーリングの権化」とでも言うべきものだった。ステアリング特性は超絶クイックであり、FFでありながらどこかミッドシップレイアウトの車のようなニュアンスで、キツいコーナーをミズスマシのように駆け抜けることができた。

つまりミニクーペとは、イカしたルックスとイカした走りの能力を持ち合わせた、ある種の人間にとってはかなり魅力的なモデルだったのだ。

▲旧型ミニ コンバーチブルをベースに、低く構えたスポーティなフォルムの2シータークーペとして企画されたミニクーペ。写真は09年8月発表の「ミニ クーペ コンセプト」

▲旧型ミニ コンバーチブルをベースに、低く構えたスポーティなフォルムの2シータークーペとして企画されたミニクーペ。写真は09年8月発表の「ミニ クーペ コンセプト」

▲全高は同世代の3ドアハッチバックより50mm低い1380mm。ミニ クーペと同時期、手動ソフトトップを備えた「ミニ ロードスター」も販売された(写真はミニ クーペ コンセプト)

▲全高は同世代の3ドアハッチバックより50mm低い1380mm。ミニ クーペと同時期、手動ソフトトップを備えた「ミニ ロードスター」も販売された(写真はミニ クーペ コンセプト)

新車はなんだかんだで400万円級だったが、中古車は今や100万円台

だが、ミニクーペを実際に購入する勇者はそう多くはなかった。

考えてみればそれも道理である。筆者はとりあえず他人事なので「ミニクーペはイカしたルックスとイカした走りの能力を持ち合わせた魅力的な車です」とかのんきなことを言っているが、「じゃあお前、新車価格約350万円+オプション料金コミで400万円ぐらい出してアレを買ったのか?」と問われれば、申し訳ないが買っていない。筆者も人の子なので、2人しか乗れない1.6Lの小さな車に(だいたい)400万円もの大枚を払う勇気は持てなかったのだ。

そう思ったのは筆者だけではなかったようで、12年1月発売のミニクーペは15年2月の「生産を終了します」との公式発表をもって、今ひとつ盛り上がらないままの短い現役生活を終えた。

しかし冒頭の売り子さんの話ではないが、「安い」となれば話はまた別である。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。