体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【たまごっち20周年記念】20年前のデザインで復刻版が発売決定! 今度はなかなか死なないことが判明!

01_DSC_1809


1996年に発売され、一大ムーヴメントを巻き起こした「たまごっち」
そのブームは一旦落ち着きましたが、2004年に復活すると第2次ブームが起こり、アニメ化やゲーム化などもされました。

そんなたまごっちも今年でついに20周年
20周年を記念して、20年前の初代デザインを復活させた「ちびたまごっち」が今春に発売されることになりました!

台東区の成人式で一足早く配布された!

20周年ということはたまごっちも新成人! ということで、昨日は全国各地で成人式が行われましたが、東京都台東区の成人式では新成人たちに復刻版のちびたまごっちが先行配布されました。

02_a


02_b


02_c


会場ではたまごっちを懐かしむ声が多く聞かれたようで、これは今年たまごっちブームがまた到来しそうな予感です!

記者・ノジーマもたまごっちの第1次ブーム時に高校生だったので、まさに夢中になってたまごっちを育てていた世代。
授業中にたまごっちを鳴らしては先生に取り上げられてきた世代なのです。

しかしそれだけに、初代の復刻版と聞くとどうしてもひとつだけ心配なことがあるのでした。

初代のたまごっちはすぐ死んでしまった

初代のたまごっちは少しお世話をサボってしまうと、すぐ部屋にウンコをため込んで病気になり、そのままあっさり死んでしまうというハードモードだったと記憶しています。
学校に持って行って授業中でもお世話をしていたのはそのためで、家に忘れようものなら、部活を終えて帰宅すると他界していたなんてこともしばしば。
理不尽なほどに難易度の高いゲームが揃ったファミコンで鍛え上げられてきたからこそ耐えられる難易度だったのです。

それに比べて、昨今のゲームは親切で優しいものばかり。
20年ぶりに復刻版が発売されたとして、難易度が当時のままだとしたら、若者たちにトラウマを与えかねません。
本当に大丈夫なのでしょうか……。

そこで、記者の友人の後輩が台東区民だというコネクションを駆使し、台東区成人式で配布された復刻版ちびたまごっちをその日のうちに入手することに成功!
早速復刻版ちびたまごっちで遊んでみました!

大きさわずか4センチ!超ちびサイズのたまごっち

03_IMG_2277


復刻版ちびたまごっちを受け取って最初に驚いたのはその小ささ。
復刻版ちびたまごっちのサイズはわずか4センチで、手のひらにすっぽりと収まるサイズでした。

1 2次のページ
ノジーマの記事一覧をみる
ノジーマ

記者:

漫画を描いたりライターをしたり。B旧フード研究家。趣味は昼寝。枕元に尿瓶を置き、ビールを点滴しながら寝て暮らしたい。千葉ロッテマリーンズファン。スマイル党員。 ★1/12変なレシピ本が出ます!★世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ

ウェブサイト: http://amzn.asia/8N2jTuz

TwitterID: aochins8

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。