体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

斬新なアイデア続出!女子高生が企業に提案したい商品企画とは?

斬新なアイデア続出!女子高生が企業に提案したい商品企画とは?

流行に敏感でズバズバと意見を言うイメージが強い女子高生。

 

そんな彼女たちとコラボしたお菓子が発売されたり、試供品を使った感想を参考にしたりと、実際に女子高生の意見を商品開発に取り入れる企業もあるという。

 

そこで、渋谷の街行く女子高生33人に「あなたが企画会議に参加するなら、どの企業にどんな商品を提案する?」と聞いてみた!

 

お菓子編

 

斬新なアイデア続出!女子高生が企業に提案したい商品企画とは?

 

・「明治の企画会議に参加して、ホワイトチョコとミルクチョコのハーフ&ハーフの板チョコを提案する。両方食べたいけど2枚買うのは多いってときに便利だし、バレンタインにも売れそう」(高1・東京)

 

・「じゃがりこの会社に、1つのパックの中にいろんな味を入れてほしいって提案する! たらこバターとかチーズみたいなしょっぱい系と、モモとかミカンとかの甘い系を一緒に入れるとバランスよさそう」(高1・東京)

 

・「ロッテの企画会議に参加して、かわいい形のチョコを開発する! リボンとかハートとか、いろんな形のチョコを1箱に詰めて売れば、インスタに載せる子が増えて話題になりそう」(高1・埼玉)

 

・「タニタとカルビーをコラボさせて、太らないポテチを作る」(高3・神奈川)

 

一番多くの商品企画が集まったのがお菓子

 

思わず「なるほど!」と納得してしまう秀逸な意見が多数。

 

斬新なアイデア続出!女子高生が企業に提案したい商品企画とは?

 

なかでも、女子高生らしく“太らないお菓子”への探究心は強く、タニタやDHCといったダイエット食品系の会社とコラボするという本格的(?)な意見や、

 

・「噛んでも噛んでもなくならない固いグミを開発して、ダイエット効果をねらう」(高3・神奈川)

 

といった斬新なアイデアも登場!

 

さまざまな企画が飛び出したけど、どの商品も

 

SNSにアップしたくなるようなものを開発すれば売れる」(高3・東京)

 

というのが女子高生の共通意見。

 

かわいかったり、カラフルだったり、ネタ要素が強かったりと、みんなに広めたくなるインパクトがあることが、とにかく重要みたい。

 

コスメ編

 

斬新なアイデア続出!女子高生が企業に提案したい商品企画とは?

 

・「M・A・Cのコスメは、あこがれるけど値段が高くて高校生には買いづらい。だから、量を半分にして半額で売る! 実際に使ってみていいと思った人は、高くてもフルサイズを買うと思うから売り上げも伸びる」(高1・東京)

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。