ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Raspberry Piにおける「Android Things」のデモ動画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今月 14 日に Google が IoT 機器向けの OS としてリリースした「Android Things」を Raspberry Pi に導入して Android Things のサンプルアプリを実行するデモ動画が公開されました。Android Things は Android をベースに開発された OS で、Google サービスや Android の API を利用できるほか、アプリを Android Studio で開発できるのが大きな特徴です。また、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでは使用されないハードウェアをサポートするために、Things Support Library と呼ばれる新しい API を追加した Android フレームワークを提供しています。Android Things は現在開発途中の OS ですが、Developer Preview 版が Intel Edison、NXP Pico、Raspberry Pi 3 に公開されています。Google が公開したサンプルアプリによると、Android Things ではカメラ画像を分析して Google Cloud Platform と Firebase を使用してスマートフォン向けのコンパニオンアプリに送信するインターホン、複数のセンサーから気象データを集収し、必要であれば Google Cloud Platform に送信してさらなる分析を実行するウェザーステーション、GPIO ピンの変更を読み取り、それを Android のキーイベントに変換するボタンなどを作成できる模様です。次のデモ動画では、サンプルアプリの一つ「Simple PIO」を用いて Raspberry Pi の LED を Android Things 用アプリから制御するデモが紹介されています。

■関連記事
BlackBerry “Mercury”のスクリーンショットが流出、解像度は1,620×1,080ピクセルか?
LeEco Le 2向けに「LineageOS」がリリース
Google、モバイル向けのレシピ検索UIを改善、タップで絞り込み可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。