体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラノベ界の「新世代勇者」はチンピラとJK!? 『魔術士オーフェン』の草河遊也がイラストを手掛ける爽快アクション!

勇者のクズ(1)

今、ライトノベル界で「勇者」の定義を覆す作品が続々と発表されているのを、ご存知だろうか。

『帰ってきた元勇者』(著:ニシ / ポニーキャニオン)の勇者はかわいい女の子たちでハーレムを作ろうとするし、『用務員さんは勇者じゃありませんので』(著:棚花 尋平 / MFブックス)の主人公は普通の用務員。
『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました』(著:左京 潤 / 富士見ファンタジア文庫)にいたっては、そもそも主人公が勇者になれない始末。

「勇者といえば唯一無二の主人公、清廉潔白で正義感に燃え、魔王や悪の組織にも果敢に立ち向かっていく……」というイメージはすでに過去のもの。
現在のライトノベル界を席巻しているのは、これまでの「ステレオタイプな勇者像」を覆す勇者たちなのだ。

12月24日にKADOKAWAから発売された『勇者のクズ』(著:ロケット商会 / カドカワBOOKS)の主人公も、そんな「新世代勇者」のひとり。

主人公・ヤシロは、勇者を「人を殺してメシを食う最低のクズ」と称しつつ、自らも勇者稼業に身を置くチンピラ。魔王を殺して金を稼いでは、お気に入りの店で友人の「勇者」とテーブルを囲んでビールとピザを味わい、カードゲームで大いに盛り上がる。

そう、主人公にも関わらず、タイトル通りのクズなのである。

勇者のクズ・ヤシロ

物語の舞台となるのは、違法手術の末に「魔王」と化したヤクザが蔓延る社会。
彼らを討つのは、使命に燃え、正義のために戦う戦士……ではなく、免許制となった職業「勇者」たちで、彼らは身体強化薬を注入し、異能の力を発現させることで「魔王」を狩り、日々の収入を得る。

このおおよそファンタジーな雰囲気とは無縁の殺伐とした世界観からも、いわゆる「異世界もの」とは一線を画す本作は、小説投稿サイト「カクヨム」で発表されるや否や大反響を呼び、「第1回Web小説コンテスト」現代アクション部門(現「現代ファンタジー部門」)の大賞を受賞。

著者のロケット商会氏は本作がプロデビュー作品となる新人ながら、6,000本を超える応募作の中から選ばれた超実力派である。

そして、そんな期待の新星とタッグを組み、本作のイラストを手掛けたのは、シリーズ発行部数1,000万部を超える名作中の名作『魔術士オーフェン』や、『BLACK BLOOD BROTHERS』などのイラストを担当した草河遊也氏
水彩を中心とした美しい色彩で描かれる挿画にも要注目だ。

勇者のクズ・人物紹介2

さらに! なんと早くもコミカライズ企画が進行中!
詳細は決定次第、コミックNewtypeのTwitter[リンク]及び「勇者のクズ」特設サイト[リンク]にて告知されるので、こちらもご期待いただきたい。

チンピラそのものな毎日を過ごしていたヤシロの日常は、目先の金欲しさに勇者志望の女子高生を助けたことで一変。なし崩し的に家庭教師を引き受ける事になった女子高生3人と、より危険な事件へと巻き込まれていくらしいのだが、果たしてクズはクズのままなのか、それとも「勇者らしい勇者」へと成長していくのだろうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。