体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「切らない、捨てない、別れない」都合のいい関係から不動の存在へ、源氏が絶大な信頼を寄せた女性の魅力~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-29

難しい恋にのめり込む面倒な性格の光源氏。そのため彼の恋は無理が多く、自分にも相手にも多くの傷を残します。かといって、穏やかな恋愛がまったくなかったわけでもありません。今回は、源氏の恋人の中でも稀有な存在、花散里(はなちるさと)という女性のお話です。

心細い暮らしを送る、亡き父の妻とその妹

源氏の父・桐壺院(以下、院)には多くの妃がいましたが、その1人に麗景殿(れいけいでん)の女御という方がいました。優しくたしなみの深い女性でしたが、子どもに恵まれなかったので、院が亡くなったあとは心細い暮らしでした。花散里はこの人の妹にあたります。

花散里が、源氏とどのように知り合ったのかは詳しく書いてありません。桐壺院は源氏がまだ幼い頃、多くの妃の部屋に連れ回っていたので、そこで麗景殿と顔見知りになり、妹とも出会ったのかも?

ともあれ、源氏は若い時に花散里と恋仲になり、院亡き後は姉の麗景殿ともども、生活の面倒を見てあげていました。恋仲といっても、藤壺の宮や朧月夜などの熱烈な恋愛関係ではなく、思い出した時に顔を出す程度の、都合の良い関係です

順風満帆の人生から大ピンチに陥った源氏。先が見えない不安な日々を送る中、ふと花散里のことを思い出して会いに出かけました。

「他の男がいる」過去に一度だけ関係した女と再会

梅雨の晴れ間のさわやかなある日。花散里のもとへ行く途中、琴の音がにぎやかに聞こえる家があります。ちょっと車を止めて見てみると、どうやら一度だけ関係した女の家のようです。

源氏はそのことを思い出し「もう結構前のことだし、あっちも覚えてるかなあ。声をかけてみようか」と悩んでいると、ホトトギスが寄って行けとばかりに鳴きます。源氏は惟光を呼びました。

惟光も久々の忍び歩きにワクワクし、出番とばかりにその家に入っていきます。「主人が昔を思い出して立ち寄らずにはいられないと申しております、お取次を」

しかし、女房たちは惟光を見ても不審そう。「ホトトギスの声は聞こえましたけど、どういったご用件ですか」と突き返されてしまいます。どうもわざとトボケているらしい。去っていく惟光を見て、源氏が来たとわかった当の女だけは、心のなかで残念に思いました。

惟光の報告を聞いた源氏は「なるほど、多分もうほかの男がいるんだろうな」ずっと前にたった一度寝ただけの女に、新しい男がいても何の文句も言えないわけですが、少しガッカリ。なんにしても源氏の恋愛としてはちょっと珍しいパターンです。

源氏の恋愛は「切らない、捨てない、別れない」。女のことを忘れない上、自分からは切ったりわかれたりしない。そして何となくフェードアウトすることはあっても、自分から捨てたり別れたりということをしない。「終わりにしてないんだからいいでしょ」とばかりに、突然ひょっこり現れてみたり、またフッと消えてみたり。

作者も書いていますが「女性の側からすれば、このような態度はかえって悩みの種である」。源氏次第の都合のいい関係の中に、現時点での花散里も存在していました。

やっと恋人に再会、思わずこぼれる本音

花散里の家に到着すると、人も少なくひっそりと寂しげです。源氏はまず姉の麗景殿に挨拶して、昔話に花を咲かせます。話しこむうち、またホトトギスの声がしました。「さっきのホトトギス、私を追いかけてきたのかも」

庭には橘の花が優しく香り、なんとも良い風情です。「時代は移り変わり、すべててが変わっていくけれど、橘の香りは旧情とともに懐かしいですね…」。そんな応答をする麗景殿は、お年ですがやっぱり素敵な女性です。例のごとく源氏はこの人にもとても丁寧に接します。こういう時の源氏は本当に優しいです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy