体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョブズのアイデアが活きるオフィスは楽しいクリエイティブたっぷり! 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」に行って来た【前編】

エンタメ
ピクサー行ってきた

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』などなど、数々の名作アニメーションを生み出してきた「ピクサー・アニメーション・スタジオ」。今夏に公開された『ファインディング・ドリー』も大ヒットを記録しました。

そんな『ファインディング・ドリー』の「MovieNEX」発売に伴い、ガジェット通信はピクサーの作品作りの秘密に迫るべく、アメリカ・サンフランシスコの「ピクサー・アニメーション・スタジオ」に潜入! 社内をぐ〜るぐる探訪して参りました! 見所たっぷりなので、前後編に分けてお届けします。

スティーブ・ジョブズのアイデアが生きる開放的なオフィス

IMG_3773

ピクサー・アニメーション・スタジオは、「ザ・スティーブ・ジョブズ・ビルディング」「ウエスト・ビレッジ」「ソーホー」「ブルックリン」という4つのオフィスからなりたっています。まずは「ザ・スティーブ・ジョブズ・ビルディング」から探訪しましょう。

IMG_3772

ピクサーファンにはおなじみの巨大な「ルクソーJr.」&「ルクソーボール」も、この建物の前にあります。

IMG_3701 IMG_3710 IMG_3715

エントランスに入ると、『Mr.インクレディブル』『カーズ』『トイ・ストーリー』と、早速たくさんのキャラクターがおでむかえ。いきなりテンションマックス!

IMG_3712

『インサイド・ヘッド』のレインボー・ユニコーンは、台本のチェック中(どんなキャラかはぜひ本編を観よう)。

1 2 3 4 5次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会