ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大人も子どもも夢中!ロボット工学を学べる組み立てキット「QuadBot」が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

quabot_new_1カニとクモを合わせたような、奇妙な形のロボット。実はこれ、ロボット工学を学びたい人のためのキットを組み立てたもの。写真は、その完成品だ。

「QuadBot」は、主にロボット開発者をめざす人を対象に作られたキットツール。初心者からベテランハッカーまで、誰でも製作可能なシンプル設計が魅力。

組み立てながらコーディングや3Dプリント、デザイン、エレクトロニクスや数学も習得できるという、超お得な学習セットだ。

・バルクとフル、2つのキットを用意

quabot_new_2キットには2タイプあり、1つはメーカー向けのバルクキット。こちらはユーザー自身の手で、組み立て用のツールを3Dプリントする。もう1つは、すぐに利用できるフルキット。届いた瞬間から、ロボット用の埋め込み型コーディングを学べるようになっている。

いずれも、事前知識は不要だ。コーディングには、無料で利用できるオープンソースソフトウェアを採用。初心者には、初めてでも抵抗のないグラフィックなコードブロックが用意されている。上級者ならC++を使って、自由にカスタマイズしてみよう。デザインを変更することも可能だ。

・多彩な動きを披露。カスタマイズも可能

quabot_new_3完成したロボットは、さまざまな動きをユーザーに披露する。歩行はもちろん、ダンスや障害物の回避もちゃんと行う。照明の代わりにもなるし、センサーを利用してユーザーの後をついていくなど、複雑な動作にも対応する。あとの動きは、ユーザーのアイディアと腕次第。その可能性は無限大だ。

Kickstarterでは、すでに目標額の3倍近くを達成。サポーターは、まだまだ増えそうだ。公開は、2017年1月10日まで。製品に対する支援は、メーカーキットが123ユーロ(約1万5000円)、フルキットは199ユーロ(約2万4000円)から受け付けている。

QuadBot/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。