体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】3学期-5 セブ料理をセブっ娘が紹介する!

01-2016-11-27-14-52-58_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。

第17回目は、セブ料理を紹介する。
紹介してくれるのはVirgilia O Alforoさん。フィリピン人はニックネームを持っているので彼女もニックネームでBeaさんと呼ぶ。
3ヶ月程度もセブにいれば友達もできる。彼女はセブにある国立大学を出て、そのまま大学で働いている。フィリピンでは大学を出ても様々な資格を取得するために、働きながら引き続き大学に通っていくつかの講義を取るケースも多いという。
彼女にセブ料理を紹介してもらった。

02-2016-11-27-16-10-44_r

まずはレチョンという豚の丸焼き。

03-2016-11-27-14-52-09_r

ただし、メインは豚肉ではなくて豚の皮。パリッパリの皮はせんべいのようで香ばしく美味しい。
日本でも有名な北京ダックは鳥の皮だが、その豚版と思えば良い。しかし、皮だけではなく肉も食べる。しかも北京ダックのような高級料理ではなく、比較的安い。もちろん、日常的に食べているわけではないが、お祝い事やパーティー等の節目では食べるらしい。
しかし、外食ではとても安く気軽に食べることができるので挑戦していただきたい。

04-2016-11-27-14-54-14_r

牛肉のシチューと英語では説明されていたが、ポチェロというスープ。
豚肉のものもあるようだが、あまり牛肉を食べないフィリピンでもこれは絶品。
牛肉も多く、トウモロコシや野菜もたっぷり入って意外とヘルシー。じっくり煮込んであるので、スプーンとフォークだけで食べることができる。

05-2016-11-27-14-55-03_r

Beaさんが手に取っているものはプソというご飯だ。
英語ではハンギングライスという。ハングつまり、つるしてあるという意味だが、ご飯を編んだバナナの皮で包んである。それを天井から吊るしておいてあるのでこの名がつく。

06-2016-11-27-14-54-49_r

そのままパカっと割って中身を皿に移して食べる。

07-2016-11-27-16-10-25_r

お店になんとなく飾られていた鉢植えは、ドラゴンフルーツの花だと教えてくれた。

2016-11-27-14-57-46_r

セブであればどこでも食べることができるが、モールの中にあるフィリピンレストランであれば、エアコンも効いてゆったりと食べることができるので、旅行や留学で行ったときにはチャレンジしていただきたい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。