ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「似ている、の次元を超えていると思う」 奈良美智さんの絵柄をパクった韓国コスメブランドが逆訴訟

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
yoshitomonara_01

奈良美智さんといえば、睨みつける表情の女の子のドローイングなどが世界で高い評価を受けている日本を代表する画家のひとり。そんな奈良さんの絵柄を模したアイテムを韓国のコスメブランドが発売。これに対して奈良さんは警告文を送ったところ、韓国の裁判所で逆訴訟されたと『Twitter』で明かしています。


韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽいので、警告文を送ったら、逆に韓国の裁判所に訴訟を提起されました・・・。


似ている、の次元を超えていると思うんだけどなぁ。小さなコピー商品やお店の看板なんかには目をつぶってきたけど、この会社は酷いと思って警告文を送り、訴えないことで改心を期待したのだけど、先方は逆に「著作者は会社側」「奈良に損害賠償請求の権利はない」と言ってる。そんなことじゃないのに。

このアイテムはコスメブランド『W.Lab』のチーク『ハニー・ビーム・クッション』。絵柄を見る限り、目の釣り上がり方や不機嫌そうな口など、奈良さんのモチーフにかなり似ているのではないでしょうか。

奈良さんのツイートは19000件以上のリツイートを集め、中には韓国人と思われるユーザーから謝罪のリプライも。


韓国人として代わりに謝りたいです… 申し訳ありません…

この反響の大きさに、奈良さんは「リプを全部読みました」として、以下のようにツイート。


リプがすごく多くて、やっと全部読みました。自分の相手は韓国という国ではなく、韓国にあるひとつのコスメ会社であり、実際に問いただしたいのはデザイナー(イラストレーター)です。もちろん、コスメ会社とは専門家に対応してもらうのですが(すでにそうしてもらっている)絵を描いた人に聞きたい。

会社よりもデザイナーとしての姿勢を質したいという奈良さんの意思が『W.Lab』側に届くのかどうか。著作権専門の弁護士を通して対応しているとのことで、今後の展開に注目が集まります。同時に「また韓国で展覧会をやりたい」と、画家としての貪欲な姿勢を垣間見せているところも、ファンとしては期待が高まるのではないでしょうか。

※画像は奈良さんのツイートより
https://twitter.com/michinara3/status/811814697200533505 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。