体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

必要なもの全部入りプログラミング学習ロボット『mBot』を試す(ガジェット通信)

DSC_0491

ガジェット通信良いモノ研究室のふかみんです。
今回はプログラミング学習用ロボットキット『mBot』をじっくりレビューしました。

子供にとって難しい部分は排除し、楽しい部分を残す

やはり小学生低学年ぐらいだと、動きがあるものに対する食いつきは非常によいです。
そして動くものといえばロボットハンドか、走り回るラジコン。ここらへんが鉄板。

このmBotは、机上のプログラミングだけじゃなくて、動きを楽しめてプログラミングまで学べるキットとしてとても完成度が高いと感じました。
子供が使う、ということを前提に、ロボットを組み立てるところからプログラミングまで体験できます。

DSC_042600

今回紹介するこの「mBot」は、ラジコンカータイプのロボットです。
タイヤ2個は別々のDCモーターに繋がっていて、力強く動きます。結構なパワーとスピードが出せます。ウィリーするほどガツンと動かすこともできます
スピードも細かく制御できますし、左右のタイヤを別々にコントロールすることもできるため動きは繊細です。
タイヤが大きめでかつフレーム(シャーシ)が金属でしっかりつくってあります。頑丈で少々のことでは壊れそうにありません
子供向けロボットは、ちょっとした衝撃ではずれたりしやすいものもありますが、mBotはホントに頑丈にできてるなと思います。

DSC_0477

頑丈でありながら繊細な動き。組み立てもPCとの接続も簡単。それらがすべて同居できているということがまずすごいです。

前面に障害物センサーがあるのですが、その2つの丸いセンサー部分がちょうど目のように見えてカワイイんですよね。
紙に顔を描いて前に貼ったりして遊ぶこともできます。
こうやって自分で飾って遊べる、というのも面白いところです。

DSC_0419

さらに便利なのが、最初っから無線接続できるところ。
Blootoothのモジュールがついてます。
これをmBotの頭脳にあたるmCoreのボードにぶっさすだけで無線での制御が可能となります。

DSC_0426

さらにリモートコントローラーもついています。

よくあるロボットのキットだと、まずは有線、リモコンはオプションとなるところですがmBotの場合はそれをすっとばしていきなり線をつながずに使うことができます。

iPad用のグラフィカルプログラミングアプリ「mBlockly」をダウンロードしてみるとその便利さが実感できます。
アプリを起動するとすぐに、近くにある「mBot」を認識し、接続することができます。
ビジュアルプログラミング・ソフトウェアでプログラムをつくり、実行することで、実に簡単にロボットをコントロールすることができます。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会