体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポケモンGO、赤リップ…本当に流行った?今年のブーム大検証!

ポケモンGO、赤リップ…本当に流行った?今年のブーム大検証!

2016年もあとわずか!

 

今年は、ポケモンGOや映画『君の名は。』など、いろいろなものが“ブーム”と呼ばれていたけど、実際のところ高校生の間でも流行ったのだろうか?

 

そこで、テレビや雑誌、ネットなどで今年話題となったものの中から、10代に関連が深そうなものをリクナビ進学ジャーナル編集部がいくつかピックアップ。

 

渋谷の街を行く女子高生47人に、それらが「自分の周りでも流行っていたかどうか」をアンケート調査した!(※)

 

スマホ編

メイク&美容編

エンタメ編

 

スマホ編

 

スマホ編では、以下の項目について調査!

 

・SNOW…小顔&デカ目効果抜群で、動物になれるスタンプなども人気の盛れるカメラアプリ

 

・顔交換…カメラアプリに搭載されている写った人の顔を入れ替えられる機能

 

・ポケモンGO…スマホのGPS機能を使って、街でポケモンをゲットするゲームアプリ

 

・Mix Channel…動画を投稿して共有できるSNS。“カップル動画”や“双子ダンス”と呼ばれるジャンルが注目を集めた

 

ポケモンGO、赤リップ…本当に流行った?今年のブーム大検証!

 

ほとんどの人が「流行った」と答えたのが、『SNOW』(45人)と『顔交換』(42人)。

 

・「『SNOW』は目を大きくできるし、盛れる! アップデートのたびに加工の種類が増えていくのもいい」(高3女子・東京)

 

・「『顔交換』は“自分と大仏”や“自分とマネキン”みたいに、いろんなものと一緒に撮って遊んでる」(高2女子・埼玉)

 

と、女子高生の間では文句なしの一大ブームに。

 

また、世代を問わずブームとなった『ポケモンGO』についても、41人が「流行った」と回答。

 

・「みんな一斉にやりだした。街中でリアルにポケモンが出てくる感じがおもしろい」(高3女子・東京)

 

と、一気に火がついたみたい。

 

ただ、

 

・「『ポケモンを集めて何になるんだ?』と思って、1週間で飽きた」(高1女子・東京)

 

・「歩きスマホの人が増えて『自分も人の邪魔になったらイヤだな』と思ってやめた」(高3女子・千葉)

 

という声もあり、今も続けている人は少数…。

 

女子高生にとっては、『ポケモンGO』はもう古い!?

 

ポケモンGO、赤リップ…本当に流行った?今年のブーム大検証!

 

一方、「流行った」と答えた人が半数以下だったのが、『Mix Channel』(14人)。

 

メディアでは「高校生が『キス動画』を上げている」と話題になったけど、

 

・「『カップル動画』は幸せそうでいいと思うけど、チューはやり過ぎ。人に見せるものじゃない」(高1女子・東京

 

など、実際のアンケートでは否定的な意見が目立った。

 

また、そもそも

 

・「『カップル動画』や『双子ダンス』で、自分の顔をネットに晒す意味がわからない」(高3女子・神奈川)

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。