体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

IMG_7120_f2

1月21日(土)に日本公開を迎える映画『沈黙-サイレンス-』。『タクシードライバー』『ディパーテッド』のアカデミー賞監督マーティン・スコセッシが、「戦後日本文学の最高峰」とも称される遠藤周作の小説『沈黙』(新潮文庫刊)を映画化した話題作だ。

物語で重要な鍵を握るキチジロー役を演じた窪塚洋介が、ハリウッドへの挑戦と驚き、そして自身が見据える今後について語った。

Silence

窪塚:「“オーディションがあるけど来るか?”って誘われて、マーティン・スコセッシの映画に出られるかもしれないなら絶対に参加しますよね。恥ずかしながら、遠藤周作さんの小説は存じ上げなかったのですが、その時に原作を読みました。どうやって映画化するのか想像できない作品だったので楽しみに向かいました」

実はこれが“1度目の”オーディションの話。その時はスコセッシ監督に会う間もなく不合格を言い渡されたという。

窪塚:「控室だと通されたら、そこがオーディション会場で。ガムを噛んでたらソッコーで落とされました。キャスティング・ディレクターが、“マーティンはお前みたいなヤツ大っ嫌いだから!”って。慌てていたので上手いこと英語で言い訳できず、焦って日本人のスタッフの顔を見たら、みんな目を逸らしてて……」

改めてオーディションに呼ばれたのは、それから2年後のことだ。

窪塚:「まだ探してるのかと思いました(笑)。その時に、マーティンが“想像していたキチジロー像とは違う、もっとキチジローを演じられるヤツが現れた”みたいなことを言ってくれたんです」

『沈黙-サイレンス-』は、スコセッシ監督が原作と出会った1988年に映画化を希望し、28年かけてようやく完成した待望のプロジェクトだ。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるべく、日本にたどり着いた宣教師の目を通して映る世界が描かれる。彼らを長崎へと導くガイド役を務めるのがキチジローだ。

窪塚:「いろんな原因があって制作が延期になっていたみたいですけど、究極を言えばキチジロー役が見つからなかったのも大きな理由のひとつらしいです」「(完成した映像は)目にしたどのシーンも僕が今までに携わってきた日本のソレとは違うな、と。たった1秒でもパッと映った時に持つ画のチカラを感じました。ある牢屋のシーンではまるで教会に見えるような光の演出をしていて、特に照明の表現が凄く美しいと思いました」

Silence

アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァーに加え、日本からは浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシなど、豪華な俳優陣が集結した本作。映画『GO』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞し、その後も数々の作品に出演してきた窪塚だが、今回の撮影現場は日本でまったく経験したことがなかったものだと語る。

窪塚:「撮影当初はトレーラーハウスが3台あって、マーティン、アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァーの3人がそれぞれ利用していました。何日か経ったら1台増えていて、“KUBOZUKA”と書いてある。マーティンが僕専用のトレーラーハウスを用意してくれたんです。でも、他の先輩俳優たちは使ってないんですよ。気まずいですよね(笑)。本当に実力主義で、日に日に待遇が変わっていきました。ホテルでも、“今日からラウンジ使い放題だから”って。日本は事務所などの政治力が必要ですけど、実力を評価してくれる現場だと感じました

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。