ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

在庫リスク&制作費ゼロでCD販売ができる『Amazon Disc on Demand 受託サービス』提供スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チューンコアジャパン株式会社が12月15日よりAmazon.co.jp(以下、Amazon)と提携し、『Amazon Disc on Demand 受託サービス』の提供をスタートした。
『Amazon Disc on Demand 受託サービス』 (okmusic UP's)
『Amazon Disc on Demand 受託サービス』は、TuneCore Japanの利用者であるアーティストが通常のデジタル配信を行なうのに必要な情報に加えて、CDに必要なパッケージ画像データなどを追加するだけで、CD在庫を持たず、制作費もかけずにAmazonでCDの販売が可能になるサービスだ。

今回対象となるのは、TuneCore Japanを利用してデジタル配信をしている作品。初期登録料は無料のため、費用面での負担がなくなる。また、Amazonが提供するディスク・オンデマンドの仕組みと連携することで、カスタマーの注文から24時間以内にCDを生産し出荷することができ、従来の見込み生産や、流通により発生する在庫リスクをなくすことが可能になった。

本サービスの特徴として、今までCD販売開始までに数ヶ月を要していた期間を、最短7日間(※1)での販売開始を実現。販売実績や収益のレポートも今まで通りサイト上で確認、管理が可能となっており、パソコン一つで全てが完結する。収益もAmazonの販売ロイヤリティの85%を利用者に還元。販売されたCDは通常のCD同様にオリコンランキングなどの対象となる。

また、今回のローンチを機に、両社でピックアップアーティストを選抜し、Amazonの中で特集ページを展開してアーティストプロモーションを10週間毎に更新。第一弾のアーティストは、スキーウィッフ、アレクシア・コーリー、スーパソウル、スムーヴ&ターレル、ローラ・ヴェイン&ザ・ヴァイパートーンズ、アル・スーパーソニック&ザ・ティーンエイジャーズ、erica、Ryo、macoto、とけた電球、無礼MENが参加する。

気になる方はぜひ一度サービスを利用してみてはいかがだろうか。

■アーティスト特集ページ

https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4749312051

『Amazon Disc on Demand 受託サービス』 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。