体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男性だけのものじゃない! これが町中華オトメ道!!

0

最近TVや雑誌で「町中華」というワードを見かけませんか?

中華じゃなくて、町中華。

その定義は、町中華探検隊の北尾トロ、下関マグロ、竜超らオーバー50による食べ歩きエッセイ集『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(立東舎)にまとめられていますが、町中華は決して、男性のものだけではありません!

昭和の古きよき食文化を記録するため、女たちも立ち上がった!

ざっくり説明すると、高齢化の荒波にさらされて滅亡の危機にある個人経営の大衆的中華料理店を食べ歩いて記録するーーことを使命として結成されたのが、町中華探検隊。昭和の古きよき食文化を記録するため、男たちが立ち上がった! わけですが、2015年、女性隊員3名による「町中華探検隊オトメ部」も結成されました。

女だからこそ町中華を異文化として楽しめる

2

この女性隊員の皆さんは、先日もテレビ朝日『グッド!モーニング』でフィーチャーされていましたので、ご存知の方もいらっしゃるのでは? 月刊『散歩の達人』にて『町中華探検隊がゆく!』を連載中の、オトメ部部長・増山かおりさんにお話を聞いていきましょう!

3

———「町中華探検隊オトメ部のメンバーを教えてください。」

イラストレーターのあきやまみみこ(中央)、カメラマンの濱津和貴(はまつ・わき 左)、ライターの増山かおり(右)の3名です。全員、オトメというには苦しい年代にさしかかっているうえに、全員サブカル寄りで「オトメ」にはほど遠いのですが、「町中華を訪れたときに感じるときめきって、オトメ心だよね」という会話から、このネーミングになりました。

———「町中華探検隊の活動って、半チャンラーメン発祥の店に行ってみたり、早稲田・神保町など中華料理店密集地帯でハシゴしてみたり、化学調味料に思いを馳せてみたり、と聞いていました。オトメ部ならではの楽しみ方ってあるのでしょうか?」

4

オトメ部では、メンバー3人で集まって製麺の会を開いたり、

5 6

女性が楽しめる店の発掘を行っています。

7

町中華探検隊本隊の男性陣も、文化系の繊細な方が多く、味のある食品サンプルやレトロな椅子など、ときめくポイントには意外と男女差が少ないんです。

8
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会