体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドルなのに200km駅伝完走! ギャンパレが不眠不休で駆け抜けた3日間……どうにも憎めない愛すべき7人衆

アイドルなのに200km駅伝完走! ギャンパレが不眠不休で駆け抜けた3日間……どうにも憎めない愛すべき7人衆

 元BiSカミヤサキを中心に結成されたアイドルグループ・GANG PARADE(通称ギャンパレ)が、12月3日15時~12月5日朝7時過ぎにわたって200km駅伝(カミヤサキ1人vs後輩メンバー6人の200km対抗マラソン)を開催した。

ギャンパレ キュートな200km駅伝写真一覧

<カミヤサキ1人vs後輩メンバー6人による過去最も過酷な200km駅伝>

 シグサワアオ、イヌカイマアヤと脱退が相次ぎ、同時にキャン・マイカ、活動中止になったばかりのBiS公式アイドルグループ・SiSよりココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソンの3人の加入も相次ぎ、現在は7人の新体制で活動しているギャンパレ。11月13日には新宿BLAZEで新体制初ワンマンライブ(http://bit.ly/2gxJUKZ)を成功させたばかりだが、同公演で急遽発表された200km駅伝が12月3日15時よりスタート。これまで計4回にわたって長距離マラソン企画に参加しているカミヤサキは、単独で渋谷~熱海間の往復200kmを完走するミッションに挑戦し、他の6人のメンバー(ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン)はリレー形式で同距離の完走を目指すのだが、両チームともメンバーがひとりずつ並走(ツイキャス配信係)しなければいけない縛りもあったりと、過去最も過酷なルールが設けられていた。

<いつメンバー間の信頼関係が決壊してもおかしくないルール>

 このメンバーが必ず並走しなければいけないルールは、ド頭から彼女たちを苦しめる。カミヤサキの最初の並走者であるココ・パーティン・ココは、カミヤのあまりの速さについていけず早々に「キツい、キツい」と遅れを取ってしまい、その度にカミヤは足を止めて彼女が追いつくのを待たなければいけない。独走は許されない為、どんなに走りに自信がある者であっても並走者によっては自分のペースで走れず、確実にストレスが溜まっていく。当然ながら遅れを取った並走者も申し訳なさで押し潰されそうになるという、なかなかタチの悪い仕組み。駅伝と言えば、タスキを繋いでいくことで絆を深めていく素晴らしい競技のはずだが、このギャンパレ駅伝は、アスリートでもないアイドルが200km走破するだけでも異常にハードルが高いというのに、いつメンバー間の信頼関係が決壊してもおかしくないルールまでご丁寧に設けられており、ゆえに誰もが常に必死の状態で走らなければいけなかった。

<まさかの不眠不休でもう100km「このままだとギャンパレ解散しちゃうよ?」>

 が、しかし、ギャンパレはあらゆる逆境を乗り越えてきたグループである。カミヤサキは完走できなければ脱退だった100kmマラソンを見事走破し、ヤママチミキとユメノユアは同期メンバーが次々辞めていく中でもグループを守り続けた。キャン・マイカはたった4日で新メンバーから先輩になるという不遇を経験しながらもグループのバランサーとなり、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソンはBiSオーディション落選、SiS結成も活動1日で解散、それでも諦めずギャンパレのメンバーになった。ゆえに200km駅伝の間、動けなくなってしまう事も、ぶっ倒れる事も、泣いてしまう事も、ケンカしてしまう事も、心が折れそうになる瞬間も何度もあったが、誰ひとり「リタイヤ」を口にする者は現れず。到着時間の都合で予定されていた熱海での宿泊がなくなり、まさかの不眠不休でもう100km走ることが確定しても、渡辺マネージャーから「このままだとギャンパレ解散しちゃうよ?」と笑顔で脅されても、決して絶望することなく前へ前へと足を踏み出し続けた。

<七人七色のギャンパレメンバー、それぞれの覚醒>

 単独200kmマラソン走破を目指していたカミヤサキは、なんと約21時間で100kmを走破して自己ベスト記録を更新したものの、さすがに消耗しきっていた為、渡辺マネージャーの判断からチームの1本化。「後半100kmは7人の全メンバーによるリレーでゴールを目指す」と告げられた際に「みんなが200km完走を期待してくれてる!」と大号泣していたが、最終的に未経験の並走係も務めながらトータル140kmを激走。マラソン企画での総距離を385kmまで延ばしてみせた。改めて伝えておくが、カミヤサキはアスリートではなくアイドルだ。いまだかつてこれほどの走行距離を記録したアイドルがいるだろうか? ぜひとも日本一走れるアイドルとして各メディアでフィーチャーしてほしいものである。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会