ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スティング、最新アルバムに「何も考えずに作った」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スティング、最新アルバムに「何も考えずに作った」
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。12月4日(日)のオンエアでは、来日中のスティングさんをゲストにお招きしました。

今回、6年ぶりに来日したスティングさん。「久々の日本なんだけど、非常に恋しかった。1980年からずっと日本に来ていて、また戻れてうれしい。アルバムも評判がいいようでとてもうれしい」と再来日を喜んでいました。

3年ぶりの新作「ニューヨーク9番街57丁目」ですが、ファンからは、キャリアを一周したような印象の作品と思われているそう。それに対して「一周というか…スパイラルのようなアルバムだね。ストレートなロックンロールの要素が推進力になっているけど、スティングの今までのDNAが含まれているような作品」と説明していました。

また、「キャリアを逆算すると、名刺代わりのアルバム、ということになるかもしれない。ロックンロールもあれば、ジャズや変拍子といった非常に複雑な構成もあるし、自分の人生の全ての経験が詰め込まれているかもしれない。ただ面白いのは、今回のアルバムは非常に偶発的に出てきたアルバムで、あまり細かなことは考えないで作ったんだ」と話していました。

さらに「過去のアルバムは綿密に計画を立てて作っていた」とスティングさん。最新作では、「ノー・アイディア」でスタジオに入り、音楽の「ピンポン」をする中で即興を生み出して、構成やストーリー、展開をつくるという、これまでにないアルバム制作に挑戦したそうです。

そんな彼は「音楽を作るのはけっこう楽なんだけど、題材を考えるのは非常に難しい」と言います。続けて「雪原のなかで狩りをするような、まるで実在しない獲物を探すような感覚。しかもその獲物で聞く人を驚かさないといけない。獲物を口説くというより騙すという感覚だよ(笑)」と独特の表現で、作品を生み出す難しさを表現しました。

ゲスト出演の後半は、ランダムで引いた質問に対して答えるという、Q&Aコーナーをすることに。しかも、意外すぎる返答が次々と飛び出しました!

■ステージ上での失敗談を教えてください。
「僕は失敗を隠すのが上手いんだ(笑)。いつもニコニコしていればいい、演奏でミストーンを出した場合はギターの方をみて『おまえ何やってんだよ』とやる。これはバンドリーダーの特権だね(笑)」

■綺麗な女性に目が行きます。初対面で思わず見てしまうところや気になるポイントは?
「当然、マインド、心だね。僕にはものすごい才能があって、その人を見れば賢いか賢くないか分かっちゃうんだ(笑)。女性のほうが男性よりも知的な場合がすごく多いよね」

■一番好きな匂い、香りは?
「奥さんだね(笑)。たぶん本人が聴いているしね(笑)」

最後に、自身の音楽について「とにかく自分の音楽で人を驚かせたいし、音楽から驚きを得たい、それが重要なことじゃないかと思っている。僕がなぜここまで長いキャリアを築くことができたかというと、いつも自分を驚かせているから。つまり同じことをしないということだよね。常に新しい視点で、作り続けるのが最大のポイントなんじゃないかと思う」とスティングさん。

2017年6月には、ライブのため、再び来日します。気になるライブの編成については「ギター・バンドになるよ。ギター2本にドラム、僕がベースを弾き、キーボードはいないよ。あとはテックスメックスのバンド、ザ・ラスト・バンドレーロスがサポートに入る。息子のジョーもバンドに入る。彼は日本語が堪能だからそこは彼に任せるよ」とすでに次回の来日に向けて、演奏プランができ上がっていることを明かしてくれました。今から楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【関連サイト】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送時間:毎週日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。