体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瞳でデバイスを操作するメガネ「JINS MEME」

瞳でデバイスを操作するメガネ「JINS MEME」
J-WAVEで放送中の番組「WITH」(ナビゲーター:武藤将胤)。12月2日(金)のオンエアでは、「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」開発者の一戸晋さんをゲストにお迎えしました。

「JINS MEME」は、内蔵されているセンサーで瞳の動きを読み取ることで、コントロールデバイスとして利用することができるスマート・メガネです。実は、ALS患者である武藤も「JINS MEME」を利用してDJ活動などを行っています。ALSは体のあらゆる筋肉が動かなくなっていく病気ですが、その中で瞳の動きだけは、正常を保つことができるとも言われています。

この日は一戸さんに「JINS MEME」の開発について、お話を伺いました。

メガネをコントロールデバイスにするという技術自体は、かなり昔からあったそうですが、内蔵されているセンサーなどに工夫を加えたことで、ここまで発展したそうです。武藤も初めて「JINS MEME」をかけたときは、あまりの軽さに驚いたとか。ちなみに開発費はかなり掛かったそうですが、価格は想像以上にお手頃。

現在は、ALS患者以外にも、体に不自由を抱える人やその家族などからも注目が高まっています。「JINS MEME」では、健常者と障害を持つ方がどちらも同じ使い方ができる、本当の意味での「ユニバーサルデザイン」を目指しているとのこと。このメガネとスマートフォンさえあれば、利用可能なので、今後は医療の現場でも役に立つかもしれません。たとえば高齢者の方の体調を把握できるような使い方など…とにかく使い方の可能性は本当にさまざまです。

未来のデバイスとしてこれからどんな現場で活躍するのか、楽しみですね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。