体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる

東北の神髄に触れるなら冬。雪が清めるかのように、何もかも白く覆い尽くします。
列車で行く冬の東北旅行に出たくなりますね。

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる
(C)株式会社びゅうトラベルサービス

この魅力的な冬の時期にJR東日本国内ツアーが、松本零士氏原作「銀河鉄道999」とコラボ。2016年11月25日~2017年2月24日までの約3か月間開設している特設サイトがまた素敵なのです。

「東北の温泉に浸かって銀河を眺めよう!」って、メーテルさんが、東北の露天風呂に浸かっています。私たちも銀河を眺めて、露天風呂に浸かりたい。そして、東北の美食を堪能したい。これはやっぱり、東北に行くしかないでしょう。

福島県南会津郡 只見線
冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる

東北の名湯

キーンとした寒さだから、温泉の温かさが身に沁みて嬉しいもの。露天風呂こそ、雪景色の中のオアシスです。

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる
(C)乳頭温泉組合

雪景色に似合う、乳白色の温泉。秘湯という言葉の発祥の地とされる、秋田県の乳頭温泉郷。景色・雰囲気・泉質とも最高に素晴らしいと全国的に人気。混浴露天風呂ですが、乳白色の濁り湯なので、ずっと屈んでいけば身体を見られることはないそうです。

[秋田県乳頭温泉郷]

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる
(C)facebook/高湯温泉観光協会

奥州三高湯に数えられる名湯、福島県高湯温泉。400年間絶えることのない、良質な源泉掛け流し100%の硫黄の湯。

[福島県高湯温泉]

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる
(C)facebook/花巻温泉 

刺激が少なく、透明・無味無臭の単純温泉。湯あたりせず、ゆったりと入れる美肌の湯。

[岩手県花巻温泉郷] 

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
外国人目線で、リアルな東北の魅力を世界へ発信。銀河系最強の「食」を探せ!
【女を磨く旅】緑ふる角館と美人になれる湯の一軒宿
【世界遺産】白神山地の十二湖、ミステリアスブルーの青池
千年の秘湯。森の時間が流れる青森「蔦温泉」

東北の冬祭り

冬の東北の魅力「銀河鉄道999」×「JR東日本国内ツアー」のコラボが素敵すぎる
(C)facebook/一般社団法人 角館町観光協会

「角館の火振りかまくら」は、小正月の伝統行事。炭俵にかまどから火をもらい、その火の付いた俵で身体の廻りをまわします。俵の火によって自分自身や大地を清め、無病息災・五穀豊穣・家内安全を祈願する伝統行事です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。