ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

本当は「五郎丸」が2015年の年間大賞だった!?  「新語・流行語大賞」の裏側を鳥越俊太郎さんが明かす

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新語・流行語大賞2015

12月1日に発表となった、『ユーキャン新語・流行語大賞』。大賞には「神ってる」が選出され、トップテンには「保育園落ちた日本死ね」などが選ばれたが、現在何かと議論となっている模様である。

参考:「保育園落ちた日本死ね」が新語・流行語大賞のトップテン入りで賛否
http://getnews.jp/archives/1564105[リンク]

そんな中、昨年2015年まで審査委員をつとめていた鳥越俊太郎さんが、テレビ番組で審査の裏側を明かして話題になっている。
12月2日のフジテレビ『バイキング』に出演した鳥越さん、都知事選に出馬したことで今年は審査委員を辞退したと語り、どういうプロセスで新語・流行語が選ばれているかについて説明した。
それによれば、
・現代用語の基礎知識やユーキャンの事務局が50語ぐらい選んだものを列記し審査委員宛にFAXで送る
・各審査委員が5点満点で点数をつけて返送
・事務局が集計してトップ30語ぐらいをノミネート。審査委員が集まってトップテンを10語選び、その中から大賞を選ぶ
とのこと。
司会の坂上忍さんが、「授賞式に行けないと貰えないって本当ですか?」と質問したところ、鳥越さんは「トップテンはいいのですが、大賞については式が盛り上がらないですよね」と主催者側の考え方を示す。そして、「昨年は『五郎丸(ポーズ)』が衆目の一致するところで大賞だよねということだったのだが、事務局が調べたところ五郎丸さんが(授賞式に)来れないということで、急遽『五郎丸』は大賞から外れました」と明かした。

その結果、2015年の『ユーキャン新語・流行語大賞』は「トリプルスリー」と「爆買い」になったという。奇しくも『ガジェット通信ネット流行語大賞2015』は「五郎丸」だっただけに、もしかしたらこちらの方が世相を反映していたかも!?

参考記事:『ガジェット通信ネット流行語大賞2015』決定! 金賞はW杯で勝利を導いた”五郎丸”に! 銀賞はもちろんあのワード
http://getnews.jp/archives/1278255[リンク]

※画像は『新語・流行語大賞』のサイトより引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。