ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

喘息持ち必見!発作を予測するウェアラブルデバイス「Respia」を豪州の大学生が開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Respia気道が炎症を起こして呼吸が苦しくなったり、激しい咳が出たりする喘息。アレルギーや大気汚染、ストレスなど、さまざまな要素が引き金となって発作がおこる。

症状が出た時には、早めに薬を服用するなどの対処が必要だが、その症状を本人が自覚する前に予測してくれるデバイス「Respia」をオーストラリアの学生が開発中だ。

・上気道をモニター

Respiaは胸につけるデバイスと吸入器、アプリの3つで構成される。デバイスと吸入器はBluetoothでスマホと連携するようになっていて、発作の予測と服薬を管理できる。

Respia2どうやって使うかというと、まずはシリコンパッチのようなデバイスを胸(鎖骨の下あたり)に直接くっつける。

このデバイスが呼吸音などをもとに上気道の状態をモニターし、異変に気づくとスマホにノーティフィケーションを送る。症状を早い段階で察知できるというのが売りだ。

・吸入器の使用状況管理も

症状が出そうとわかったら、早めに手を打てる。その一つが吸入器の使用だろう。Respiaの吸入器は使用日時をアプリに自動送信するので、管理に役立てられる。

Respia3また、定期的に吸入器を使用する必要がある場合は、忘れないようアプリでリマインダーを設定することも可能だ。

開発者はニューサウスウェルズ大学で工業デザインを学ぶKatherine Kaweckiさん。自身も喘息持ちで、同じ症状に苦しむ人の役に立つものを、という思いが背景にある。

Respiaのデザイン設計などはすでに終えていて、今後は資金調達が課題となる。大気汚染などの影響で喘息患者は増加傾向にあるだけに、早い商品化をのぞむ声は世界中から聞こえてきそうだ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。