体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドン大会に携わった建築家に聞く! 東京五輪「負の遺産」の減らし方

ロンドン大会に携わった建築家に聞く! 東京五輪「負の遺産」の減らし方

2020年、東京にオリンピック・パラリンピックがやってくる。それ自体は喜ばしいことだが、競技場・開催地にまつわるゴタゴタ、高すぎるコスト……、漏れ伝わるネガティブな報道を見るにつけ、どこか一枚岩になれない残念な空気を感じてしまうのも事実だ。特に気がかりなのは、新設された立派な競技場や施設が大会後、「負の遺産」と化してしまうことだろう。レガシーという体の良い言葉とは裏腹に、国民の日常にとって無用の長物に過ぎない「五輪サイズのお荷物」が遺(のこ)される。なんともイヤ~な予感がしてしまうのだ。というわけで、ここはひとつ過去の事例に学ぶとしよう。近代五輪の成功例といわれるロンドン大会で競技会場の現場監理を担った日本人・山嵜一也さんに当時のことをお伺いするとともに、近代都市における五輪の在り方、東京大会の向かうべき方向性を探った。

ロンドン大会はなぜ「成功」したのか?

山嵜さんは現在、東京を拠点に設計活動を行う建築士。2001年から12年間イギリスで暮らし、現地の設計事務所に勤務した。2012年に開催されたロンドン五輪では、グリニッジ馬術競技場の現場監理を担い、大会後のメーンパークの活用法を考える「レガシー・マスタープラン」などの作成にも携わっている。

まずは、計画段階におけるロンドンと東京の違いについて伺った。

―― 東京五輪、いろんな問題が噴出しています。ボート会場の件をはじめ、一連のゴタゴタを見ているとなんとも行き当たりばったりな印象を受けるのですが、ロンドンのときはどうだったんでしょうか? 2012年の開催時はもちろん、それ以降のことも考えて綿密に計画されていたといわれていますが……。

「そもそもロンドンの場合、以前から『ロンドン市内東部地区をどうにかしよう』という課題があり、オリンピック招致の成功をきっかけにその地域の再開発が一気に進んだわけです。運河や河川が流れる中洲のような場所に倉庫、工場、車庫、操車場、廃棄物処理場などがありました。そのような土地にメーンパークとなる競技場や選手村を整備し、大会後には跡地利用としてオリンピック記念公園や住宅の街区を計画しています。オリンピックだけが目的ではありませんから無駄になっていない。バルセロナ大会なども同様の成功例として注目されていました。それらに対して、東京は『2020年のオリンピックでいかに儲けるか』が目的になっているように見えます。しかし、それだと計画も近視眼的になり、長期的なビジョンを私たちに説明できていない。そこが残念なところです」

―― 東京にも「レガシー」の理念はあって、晴海地区につくられる選手村が大会後に住宅になるのもそのひとつです。でも、人口減が進み、かつ空き家も増えている今の日本に、果たして5000戸もの住宅が必要なのかな? という気はしますが……。

「大会後の選手村利用としてマンションを計画しても、将来ゴーストタウンにさせないためのビジョンも合わせて考えなければいけません。これはオリンピック選手村の問題だけでなく、都内に乱立するマンションにも感じます。なぜ必要なのか? 何のためにつくるのか? そのようなビジョンがないと、問題が噴出したときに立ち返る場所が見つかりません。選手村一つにしたってそうだし、ボート・カヌー競技の開催地問題もそうです。結局、オリンピックの経済効果という視点でしか考えられていない」

―― そうした工事も「経済効果」という言葉でくくると、とたんにポジティブなものに思えてくるから不思議です。確かに一時的な景気浮揚効果はあるのかもしれませんが、未来を思うと暗い気持ちになりますね……。

「お金のような数値で議論を進めると合意形成が得やすいのではないでしょうか。いくら儲かるとか、経済効果があると言っておけばそれが一つの客観情報となります。でも、同時に考えなければならないのは、そこで建設費で儲かったとしても、その後のランニングコストはどうなのか、次世代にとって優しいのか、環境にとって優しいのか、という視点です。そのような疑問に対しても回答すべき基準としてビジョンが役に立つはずです。本当はそうした議論ができる空気やリーダーシップが必要なんです」

―― イギリスの人って、「経済効果」みたいなことは気にするんですか?

「もちろんお金には厳しいですし、費用対効果に見合わなければ批判もされます。実際、私がかかわったグリニッジ馬術会場でも近隣住民による反対運動は常に起きていました。でも、ロンドン大会のときは『何のためにオリンピックを開催するのか』が明確でしたし、そのための説明をきちんとしていた。“経済効果〇〇億!”みたいな、お金の話ばかりではない。2012年とそれ以降のロンドン市内東部地区の街づくりと、オリンピックのビジョンがきちんと嚙み合った。また、そうなるように綿密に計画されていました」【画像1】オリンピック招致段階での模型(写真撮影/山嵜一也)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。