ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

フロンティアファクトリー、スマートフォンからのリモート操作に対応したVRアクションカメラ「360fly 4K」と「360fly HD」を12月9日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フロンティアファクトリーは 12 月 1 日、スマートフォンからのリモート操作に対応した VR アクションカメラ「360fly 4K」と「360fly HD」を 12 月 9 日に発売すると発表しました。同時に予約受付も開始しています。360fly は水平 360 x 垂直 240 度の広角レンズにより 1 つのイメージセンサーで天球撮影が可能な VR アクションカメラで、別途販売される豊富なマウントや水中撮影用のハウジングを利用することで、様々な乗り物や場所で撮影できます。シングルカメラなので構造はシンプルで、継ぎ目のない VR 写真・動画を撮影できるのが特徴です。発表のレンズ仕様だとカメラ下部の撮影はできなさそうです。360fly にはエントリーモデル「360fly HD」と 4K 撮影に対応した「360fly 4K」が用意されており、どちらも Android 向けの専用アプリでリモート撮影やプレビューの確認のほか、オーディオトラックの収録と合成、YouTube へのアップロードなどが可能です。360fly 4K は 1,600 万画素のイメージセンサーを搭載しており、2,880 × 2,880 ピクセル @ 30fpsでの撮影のほか、16:9 の主観映像・静止画の撮影が可能です。内蔵ストレージの容量は 64GB で、最大 2 時間分の映像撮影と連続 45 分間の 360 度 4K 映像撮影が可能です。また、10m 防水や IP6X の防塵、高さ1.5m からの落下耐衝撃性に対応しています。360fly HD は 1,504 × 1,504 ピクセル @ 29.97fps での動画撮影に対応しており、16GB 内蔵ストレージを搭載しています。最大 90 分間の 360 度 HD 映像撮影が可能です。また、1m 防水や IP6X の防塵、高さ 1.5m からの落下耐衝撃に対応しています。Source : フロンティアファクトリー

■関連記事
HTC One(M8)とHTC One A9にCyanogenMod 14.1 Nightlyがリリース
Android版「KKBOX」がv6.0.26にアップデート、DTSエフェクトやChromecast連携、Smart Lock for Password、ライブ配信のマルチアングル・360度視聴に対応
ポッドキャストアプリ「Player FM」にキュレーション機能「スマートカテゴリ」が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。