ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【パクチー入り】タイ風春雨サラダ、「ヤムウンセン」はこんなに簡単レシピだった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サラダという名がつけば、どんなにこってりしたものでも「これはサラダだから」という免罪符が与えられるサラダシリーズ。今回は大人気のパクチーを使ったタイ風春雨サラダ、「ヤムウンセン」を作ってみましょう

いつもながら、びっくりするほど簡単レシピでした。

そしてタイっぽい味付けも、「え? それだけ?」と驚くシンプル調味料でした。

材料はこちら。

材料(2〜3人前) 春雨 50g(ゆでる前) 紫玉ねぎ 1/4~1/2個 *お好みで増減を きゅうり 1/2本 *お好みで増減を セロリ 1/2本 *お好みで増減を ミニトマト 6~8個 *お好みで増減を パクチー 1袋(たいてい1袋に3~5束入ってます) 海老 好きなだけ! 豚ひき肉 100g ピーナッツ 大さじ2程度 唐辛子(小口切り) 1~2本分 *好みの辛さで増減を

余談ですが今回、タイミング悪くピーナッツが売り切れだったため、ピーナッツ入りの柿の種を買い、柿の種だけ食べるという荒業を駆使しました……。

で、そのピーナッツを適当な大きさにくだきます。くだき過ぎるとただの粉末になってしまうので、このくらいで十分です。

それからパクチーですが、この根っこがもっとも香りの強い部分なので、きれいに洗って細かく刻み、「ヤムウンセン」に使いましょう。捨てちゃダメ!

春雨は所定の時間ゆでて冷ましておきます。

海老は皮をむき背ワタを取ってから、お湯に塩と日本酒適量を加えて火を通します。わりとあっという間です。

そしてどうせ後で混ぜてしまうのだから、海老をゆでた湯でひき肉もゆでてしまいましょう。鍋も洗わずに済むし、お湯も2度沸かさずに済むし、一石二鳥です。

「ヤムウンセン」の味の決め手、たれ(材料外)はこちら。 ナンプラー 大さじ3 レモン汁 大さじ3 砂糖 大さじ2

これだけ! この3種類を混ぜるだけ!

そしてすべてを混ぜ合わせ、小口切りの唐辛子も投入します。

できあがり!

簡単なのにこんなに華やか。しかも油不使用の、これまで紹介したサラダとは一線を画す、真にヘルシーなサラダです。ひき肉すらゆでちゃいますからね。

レシピによっては、たれにピーナッツ油を加えたり、あるいは砂糖不使用だったりしますが、個人的にはこのシンプルなたれがとっても気に入りました。分量のわかりやすさなども、料理へのハードルを確実に低くしてくれます。

なお、海老はやはり大きければ大きいほど価格も高くなるので、そこは予算に合わせてサイズダウンしましょう。生の海老にこだわらず、冷凍を使えばさらにコストダウンを図れます。それに「大きな海老をちょっと」より「小さな海老がたくさん」のほうが好みの人もいますよね。参考までに、今回の海老は10尾入って753円(税込み)でした。

きゅうりやセロリを半分残すのがどうも、という人は、全部入れてしまうのもありです。さらにヘルシー度アップでいいじゃないですか!

以前ご紹介したタイカレーと一緒に並べれば、タイ料理レストランで食事している気分が味わえるかも。

シンハービールを用意したらもう完璧ですね。お楽しみくださいませ~!

書いた人:椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました。著書に『オリンピックと自衛隊 1964-2020』(並木書房)。 Twitter:@nananatsubaki

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【アイドル】“2000年に1人の美少女”drop滝口ひかりの家族話に思わずホロリ【初体験のタイ料理】
【自作】油そばは自分で作ってたらふく食べる【かんたん・安い・ウマい】
ベリーベリースープのワイン飲み放題980円+生ハム食べ放題500円がコスパ最強だった!【東京・永福町】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP