ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型MacBooK ProにSSDもバッテリーも増やせるわずか9mmの拡張ドック「Line Dock」爆誕!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだボクのところに「MacBook Pro 13 TouchBar」が来ていないのですが、MacBookネタを投下します。待ちきれない。

新型MacBook Proは「USB―Cポート4つ」と思い切った仕様にしました。

SDカード、USB-Aポートなど、専用アダプターを使えば解決するとはいえ、不便に思う人もいます。

そして一方では「どんなUSB-C用の拡張アイテムが出て来るかな?」とワクワクしているガジェット好きな人も居ます。今回はそんな人に向けてMacBookを拡張するアイテム「Line Dock」を紹介します。

・バッテリー、SSD、そして拡張アダプター9ポートも

Line Dockは、MacBookにピッタリ合うわずか9mmの拡張ボードで、20,000mAhのバッテリーと256GB、512GB、1TBから選べるSSDが付いています。

アダプターは「SDカードリーダー」「ミニディスプレイポート」「USB3.0 QUICKCharger付き3つ」「USB-Cポート左右に2つ」「HDMI」「MicroB USB3」です。

なんだこの拡張性は・・・・・?

MacBookとLine DockをUSB-Cケーブル一本で接続するだけで、これだけの機能にアクセスできます。これまで、沢山のケーブルや拡張アダプター、電源などを用意していたのが、この板1つで済んじゃうなんて便利すぎます。

・わずか9mmの板に無限の可能性

Line Dockは、12インチMacBook、13インチ、15インチMacBook Pro用の3種類のサイズと、シルバー、スペースグレイ、マットブラックの3種類のカラーから選べます。これは、完全にMacBook好きのツボを抑えていますね。超欲しい。

気になる薄さは9mmと1cmを切る驚きの薄さ、重さはモデルによって違いますが、590g〜620gとのこと。モデルチェンジしたMacBookが軽くなった分・・・とはいきませんが、持ち運びに支障がでる重さではないですね。

MacBookと一緒に使っていないときも、カバンに入れておいてiPhoneを充電する。という使い方もできます。

気になる価格は、早割価格で256GBのベーシックモデルが149$(約1万6,500円)、512GBのスタンダードモデルが239$(約2万6,500円)、1TBのプロモデルが399$(約4万4,300円)という価格。

Apple公式サイトでSSDを512GBから1TBにアップグレードすると4万円(税抜き)かかるので、意外と悪くない価格かも・・・?って思っちゃいますね。

外付けストレージにも外部バッテリーにも各種アダプターにもなる、MacBook/MacBook Pro用のアクセサリーです。動画クリエイターはもちろん、フォトグラファーの人にも最高に便利そうです。

まだボクのところにはMacBook Proが来ていませんが、コレは本当に欲しいですね。

Line Dock: Thinnest and Smartest Laptop Power Bank | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。