ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドソーシングでバス停を精緻にマッピングした視覚障がい者のためのナビアプリ「BlindWays」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電車やバスをはじめとする公共交通機関は、通勤・通学や買い物、通院など、視覚障がい者の自立した日常生活における移動手段としても不可欠なもの。

「Googleマップ」などの地図アプリを使えば、目的地までのルートを瞬時に調べることができるが、モバイル端末に搭載されているGPSでは、半径9メートル程度の誤差が生じてしまう。

それゆえ、視覚障がい者は、バス停の周辺まで移動できたとしても、乗車位置にたどり着くことができず、バスに乗りそびれてしまうケースも少なくない。

・バス停の精緻な位置情報をクラウドソーシングで集約

米ボストン郊外にあるパーキンス盲学校(Perkins School for the Blind)は、グーグルから75万ドル(約8,250万円)の助成金を受け、地元の公共交通機関事業者であるマサチューセッツ湾交通局(MBTA)と提携し、クラウドソーシング型の視覚障がい者向けナビゲーションアプリ「BlindWays(ブラインドウェイズ)」をリリースした。

健常者はこのアプリを使って、バス停の位置を精緻にマッピングし、木やベンチ、郵便ポスト、消火栓など、乗車位置付近の印になりそうなものを投稿。

視覚障がい者は、iOS対応デバイスに搭載されている音声読み上げ機能「VoiceOver」を使って、健常者から寄せられた投稿データを音声化し、この音声にしたがって移動すると、バスの乗車位置までたどり着くことができる仕組みだ。

現時点では、ボストン市内のバス停を対象としているが、今後は他の都市にも展開していく方針だという。

・クラウドソーシングを通じたヒトの力でテクノロジーの限界を越える

「Blindways」は、クラウドソーシングによって、不特定多数の人々の力を集め、テクノロジーと視覚障がい者のニーズとのギャップを見事に解消している点が秀逸といえよう。

Blindways

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP