ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleフォトアプリの(ディープブルー」を使うと空の色が澄んだ青に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が最近の Google フォトの大規模アップデートの中で、空や海の “青” をさらに鮮やかに見せる新しい編集ツール「ディープブルー」を追加しました。Google フォトアプリのプレビュー画面から下部の鉛筆アイコンをタップすると編集モードに切り替わり、中央のタブをタップするとスライダーで様々な色合いを補正できます。そこで「カラー」の右側の「v」ボタンをタップすると詳細な編集が可能になるのですが、最下部に「ディープブルー」が設けられています。「ディープブルー」は青の彩度を補正するツールで、右側にスライドすると青がさらに青くなり、曇り空を撮影しても快晴の空の色に変わります。左側にスライドすると彩度を下げられます。

■関連記事
Xperia XZディープピンクが中国でも発売へ
IIJ、ZenFone 3 LaserとIdol 4を発売
ソフトバンク、ソフトバンクモールを終了し「ロハコ for SoftBank」を12月1日より開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP