ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SD Association、アプリ向けの新クラス「App Performance Class」とロゴを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SD メモリカードの仕様を策定している SD Association は 11 月 22 日、モバイルデバイスおけるアプリを介した SD カード利用の性能要件を定義した新クラス「App Performance Class」とロゴを発表しました。App Performance Class は Android 6.0 で導入された本体のメモリ化(Adoptable Storage Devices)に代表されるように、SD カード上でアプリを実行する用途が広がりを見せていますが、SD カードによって性能はバラバラなので適当に選んだ安価な Micro SD をメモリ化しても性能が出ない場合があります。こういった問題を解消すべく、新たにアプリの実行性能に対するメモリ性能を把握できるよう、メモリ化機能が必要とする性能レベルでクラス分けされました。今回発表されたクラスは SD 5.1 の App Performance Class 1(A1)で、SD カード上には「A1」のシンボルが表示されます。これは、ランダムリードの IO 性能が 1500IO/s、ライトアクセスの IO 性能が 500IO/s、シーケンシャルの転送速度が 10MB/s を保証するもので、A1 クラスはメモリ化に必要とされる性能を満たすことになります。Source : SDA ホワイトペーパー

■関連記事
Facebook、付近の公共Wi-Fiスポットを検索できる機能をテスト中
Nextbit、Robin向けのAndroid 7.0 Nougatベータテストを開始
Pixel / Pixel XL向けのNPF26Jビルドで「動作」メニューに2つの新ジェスチャー機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP