ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新潟駅前の「居酒屋ナカマチ」が提供する豚骨ラーメンがビックリするほど本格的過ぎる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟駅前には、居酒屋さんとして営業しつつも、驚く程美味しいラーメンを提供しているお店があります。

その名も……。

「居酒屋ナカマチ」。

こちらのお店では、美味しい一品料理を食べながら、新潟の地酒や各種アルコール類を楽しみ、更にはシメのラーメンまで食べられたりと、至れり尽くせりな至福の時を過ごす事が出来ます。

ちなみに、こちらのお店ではお通しをがない為、気軽にラーメンのみを注文し食べて行くラーメン屋さんのような使い方も可能です。

ただ、やっぱりコチラにきたのであれば、存分にお店の魅力を堪能したいですよね。

リーズナブルな価格のメニューが揃う!

お通しの代わりとしては、こちらの品がオススメです。

▲小皿(250円)

煮玉子、ゆでたモヤシ、ニラ、挽き肉がのり、250円という価格はうれしいですね。

おつまみとしても良し、ラーメンのトッピングにしても良しの一品です。

2種の餃子も人気です。

▲水餃子(500円)

▲焼餃子(500円)

メチャクチャうまいです!!

ビールとの相性抜群ですね!

2品とも皮から手作りとなっており、モチモチとした皮の食感とジューシーなあんの組み合わせが絶妙な味わいです。

▲ジャコ天(一串250円×2本)

現在はメニューにはない様ですが、過去に訪れた際に撮影した品も掲載します。

▲酢モツ

▲串タレカツ

▲煮サバ

などもありました。

いろいろとメニューの入れ替わりもあるようなので、久しぶりに行くと、また違った美味しい一品に出会う事が出来るかもしれませんね。

こうした美味しい一品料理を楽しみながら、日本酒や焼酎を飲むのもオススメです。

村祐、麒麟山、朝日山などの新潟ならではお酒も取り揃えています。

シメの一杯は濃厚豚骨ラーメン!

飲んで、食べてと楽しい時を過ごした後は、シメのラーメンの時間となります。

▲長浜ラーメン(700円)

その名のとおり濃厚な豚骨ラーメンです!

程良いうま味とほのかな甘味が動物系のコクと合わさり、絶妙な味わいとなります。

麺は博多から直送の低加水ストレート極細麺を使用しています。

スープが良く馴染むタイプの麺にトロみの強いスープがしっかりと絡みついてきます。

そして特筆すべきはチャーシューです!

しっかりと味が染みたチャーシューは、肉のうま味をしっかりと残しつつ、固さがなく、柔らかい仕上がりとなっています。

メニューにチャーシューメンが無いという事が残念に思える程、美味しいチャーシューでした!

豚骨系には定番の紅生姜、高菜、白ゴマもお好みで追加できます。

そして豚骨ラーメンといえば、やっぱり替え玉(100円)ですよね。

とても美味しいラーメンに大満足です!

居酒屋さんが提供する豚骨ラーメンとは!?

ただ……。

居酒屋さんとして営業しているのに、こんな濃厚で美味しいスープを作り続ける事が出来るものでしょうか?

「もしかして買ってきたスープなのでは……?」

という疑念を頂きつつ、厨房をのぞかせてもらうと……。

メチャクチャ煮込んでます!!

豚骨をメインとした動物系素材を12時間以上煮込んでいるのだとか。

そして……。

6時間以降は15分に1回くらい、底からかき混ぜる作業をしているとのこと。

動物系素材を長時間煮込むと終盤は骨や肉が細かくなっていき、寸胴の底にたまっていきます。

それをそのままにしておくと、焦げの原因となります。

焦げてしまったスープは嫌な匂いがつき使いものにならなくなってしまうので、それを防ぐために、定期的に混ぜる必要があります。

それを居酒屋さんの営業中、たくさん入る注文の合間を見て行うといった神業といっても良い作業を日々繰り返しているそうです。

低加水麺

肩ロースチャーシュー

餃子の皮は、1枚1枚手作業で作っています。

「居酒屋ナカマチ」では、このように一般的な居酒屋さんでは考えられない程の手間隙かけた料理の数々を提供しています。

美味しく楽しく飲んだ後に、移動する事なく本格的な豚骨ラーメンを食べたいという方は、是非、「居酒屋ナカマチ」へ行ってみて下さい!

お店情報

居酒屋ナカマチ

住所:新潟県新潟市中央区弁天3-2-16

電話番号:025-278-8211

営業時間:18:00~翌2:00

定休日:不定休

Facebook:居酒屋ナカマチ

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。

サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/

Facebook:https://www.facebook.com/niigataramencom/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

関連記事リンク(外部サイト)

通常の3倍の濃さ? 醤油がガッツリと効いた「中田製作所」のブラックラーメン【新潟】
おしゃれなフランス料理がこの価格? リピート間違いなしのお店「Bistro Fleu Fleu」
【タベアルキスト】『稲花-ineca-食べる通信』黒小玉「ひとりじめBonBon」~ 『食べる通信』を食べてみる 7食目! 

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP