体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通 鍋ウィーク】「瓢六亭 南平台」の“うなしゃぶ”は〆の雑炊まで滋味あふれる大人鍋

IMG_1596

11月も半ば、皆さんの周りでもだんだん忘年会の話が増えてきた事でしょう。1年の頑張りを労う会ですから、いつもよりちょっと豪華に、贅沢においし〜いお料理を食べたいもの! 精力的においしいお鍋を推し進めていく『ガジェット通信 鍋ウィーク2016』の一環として、ハレのシーンにピッタリなうなぎのしゃぶしゃぶ「うなしゃぶ」をご紹介します。

うなぎと聞いて思いつくお料理と言えば、なんといっても蒲焼き。そして、白焼き、うまき、うざく……などなど、色々あるのですが、関西の方では「うなべ」も有名なのだそう。“うなぎ偏差値”が低い筆者は全く知らなかったのですが、焼きや蒸し以外でお鍋でいただけるなんて、寒さが増して来るこれからの季節に嬉しい限り。

今回は、渋谷・南平台にある「瓢六亭(ひょうろくてい) 南平台」さんにて、「うなしゃぶ」食べてきました!

IMG_1585

「うなしゃぶ」の出汁は、かつおぶしや昆布をベースに、脂ののったうなぎの皮などを入れた特製のもの。骨が入った状態で登場した出汁は湯気と共にたちこめる香りが既に美味しい!

IMG_1587

お鍋に入れるのは、薄切りにしたうなぎと、炭火でふっくらと焼き上げられた白焼きの2種類。そのままのうなぎって土臭く無い? と不安になってしまう人もいるかもしれませんが、丁寧に血抜きしてあるので、全く臭みがありません。

また通常のうなぎ店なら、4、5匹で1kgのところ、「瓢六亭」のうなぎは2、3匹で1kgという、とても大きなうなぎを使っているのが特徴。しっかり脂がのっていて、身が厚いというのはうなぎ好きにはたまらないポイントですよね。産地は鹿児島と静岡をその日によって変えているとのこと。

IMG_1590

たっぷりの出汁の中にうなぎをしゃぶしゃぶ……。滋味……。うなぎというとコッテリした濃厚なイメージの食べ物ですが、こうしてしゃぶしゃぶでいただくとアッサリとした中に白身魚の旨味を感じられる、実に大人の味わいなのです。

IMG_1583

ポン酢じょうゆにあさつき、すだち、もみじおろし、そして梅干しと薬味たっぷり! この梅干は、塩味と酸味が効いているので、ちょびっとお箸にとってうなぎのアクセントにしたり、〆の雑炊といただいたり、もちろんお口直しにも。「うなぎと梅干は食べ合わせが悪い」なんて言われていたのは、その昔。梅干が消化を助けうなぎが売れすぎてしまう事に困ったうなぎ屋さんが広めたデマなのだとか。実際にはお口をさっぱり、消化も助けてくれる超優秀な組み合わせなのです。

IMG_1580

この日はお鍋に合わせてどっさりきのこもいただきました。秋の味覚! ちなみに、うなぎも10月から水温の低下に備えて脂を蓄えはじめるので、初秋から晩秋が一番旬だそうですよ。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。