ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

原発事故後の立ち入り制限区域を追ったドキュメンタリー『プリピャチ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本日、Googleが『検索ワードランキング2011』を発表。「急上昇ワード」は、「地震」「停電」「東京電力」と東日本大震災関連のキーワードで埋め尽くされ、中でも「放射能」や「原発」と言った言葉が上位だった背景には、原発事故への不安や政府、報道への不信感があると考えられます。

原発の現状、報道されていない真実を知りたい。今後の原発の行方は? そんな私達の疑問にヒントをくれるドキュメンタリー映画『プリピャチ』がこの冬、6日間限定で公開されます。

『プリピャチ』は、チェルノブイリ原発事故から12年後の立ち入り制限区域を舞台に、原発周辺の立入制限区域で生きる人々を追った問題提起作。日本でも大きな話題を呼んだ映画「いのちの食べ方」(2005年)のニコラウス・ゲイハルター監督がナレーションや音楽を拝し、モノクロの映像で記録していきます。

映画タイトルにもなっている、ウクライナ北部の「プリピチャ」は、チェルノブイリ原子力発電所から約4kmに位置する市街。1986年の4号炉の大事故の後、原発の周辺30kmが立ち入り制限区域となり、役5万人のプリピャチ市民も避難。以来、“管理されたゴーストタウン”として、許可なしには一歩も足を踏み入れる事は出来ません。

しかし、映画撮影時には1万5000人の人々が原発や放射能の影響を調べる研究所など、この区域内で働いていました。そして、驚くべき事に一般の市民も約700人、許可を得て区域内で生活していると言うのです。

なぜ彼らは見えない危険と隣合わせの人生を選んだのか――。本作は、実際に住民達と対話を行いながら原発事故がもたらしたもの、そして原発自体についても言及していきます。

ゲイハルター監督は、本作について「(原発事故は)いつの時代もどこの場所でも起こりうることだから」と語りながら「次の世代のための参考文献のようなもの」とコメント。映画自体は1999年に制作されたものですが、現在の日本が抱えている問題と共通する事項も多く、鑑賞後はさらに深く知りたい、学びたいと渇望する事でしょう。

映画『プリピャチ』は、2011年12月3日(土)・12月6日(火)ー12月10日(土)の6日間、東京都・神田のアテネ・フランセ文化センターにて上映。来場者全員に、監督のインタビュー等が収録された鑑賞の手引きが配布されます。

『プリピャチ』 – アテネ・フランセ文化センター

※画像は、YouTubeより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。