ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【おじいちゃん怖い】盲目老人が強盗を壮絶返り討ち……映画『ドント・ブリーズ』トリハダ必至の予告編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

盲目の老人の屋敷に強盗に入った若者たちが、恐ろしすぎる返り討ちに遭うというショッキング・スリラー『ドント・ブリーズ』が12月16日より待望の日本公開。このたび予告編が解禁となりました。

目が見えない代わりに異常に聴覚が発達したその老人は、どんな”音”も聞き逃さず、息さえも聞こえてしまう――。3人の若者と1人の老人の追いかけっこ。通常ならばすばしっこい若者たちの圧勝というところでしょうが、予告編から垣間見えるこの老人の、“目以上の目”屈強な肉体、そしてすべてを知り尽くした自身の屋敷というバトルフィールドからして勝てる気が全くいたしません。ワムウより強そう。特に後半の“暗闇戦”に持ち込んでからの雰囲気はスリラーというより完全にホラー。このじじい、なんか変だぞ……。果たして若者たちは、息を殺して屋敷から脱出することができるのでしょうか。

監督・脚本は、サム・ライミのデビュー作『死霊のはらわた』をゴア度マシマシにリメイクしたことでも記憶に新しいフェデ・アルバレス。製作にはサム・ライミも名を連ねております。怖すぎる盲目老人を演じるのはステファン・ラング。『アバター』で超体育会系の軍人を演じた俳優さんだそうです。

映画『ドント・ブリーズ』は12月16日(金)より全国ロードショー。息をひそめて、お楽しみに。

<作品概要>

『ドント・ブリーズ』 原題:Don’t Breathe
監督:フェデ・アルバレス(『死霊のはらわた』(13))
脚本:フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス(『死霊のはらわた』(13))
製作:サム・ライミ(『死霊のはらわた』(81/13)『スパイダーマン』シリーズ)、ロブ・タパート(『死霊のはらわた』(81/13)
出演:スティーヴン・ラング(『アバター』)、ジェーン・レヴィ(『死霊のはらわた』(13))、ディラン・ミネット(『プリズナーズ』)、ダニエル・ゾヴァット(『イット・フォローズ』)

<STORY>
親と決別し街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に、大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが目は見えないが超人的な聴覚を持つ老人は、どんな”音”も逃さない<異常者>だった。真っ暗闇の家の中で追い詰められた若者たちは、怪しげな地下室にたどり着く。そこで目にした衝撃的な光景に、ロッキーの悲鳴が鳴り響く。彼らはここから無傷で《脱出》できるのか。

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP