ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4Kストリーミング対応のAndroid TV「Xiaomi Mi Box」が台湾で発売開始。日本語にも対応していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi の 4K 対応 Android TV「Mi Box」が 10 月の米国に続き、本日は台湾で公式に発売されました。現地の日本向けネットショップ モバイルゲージでも早速販売しています。Mi Box は Android TV を搭載したテレビ用のセットトップボックスで、使い方は Nexus Player とほぼ同じで、4K 再生や HDR 再生に対応するなどメディア機能では SHIELD に次ぐ優秀さ。それでも低価格なところがこの製品の大きな特徴となっています。台湾モデルは米国モデルと同じ仕様のようです。もちろん、Nexus Player のように日本語に対応しており、Google Play からアプリをダウンロードすることもできます。モバイルゲージで Mi Box は 11,900 円で販売されています。多少利益は盛っていると見られますが、それでも安いですね。Source : モバイルゲージ

■関連記事
I-O DATA、Wi-Fi電波の強度や混雑状況を確認できるAndroidアプリ「Wi-Fiミレル」をリリース
AMOLEDを搭載したGoogle Pixelの屋外での視認性をチェック
Verizonは自社ブランドのタブレット新モデル「Ellipsis 8 HD」を投入?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP