ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高木正勝が、三越伊勢丹X’masキャンぺーン動画に新曲書きおろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高木正勝が、三越伊勢丹X’masキャンぺーン動画に新曲書きおろし

 映画音楽やCM音楽を多数手がける高木正勝がテーマ曲を担当した、三越伊勢丹グループ2016年クリスマスキャンペーン「冬至祭PRムービー」が本日公開した。

 2016年のクリスマスは『LIFE IS A GIFT こころに太陽を呼ぶ、祝祭。』がテーマ。本映像はクリスマスの原点と言われている冬至祭を、長い冬を無事に越えられるよう祈り、生きるちからをくれる太陽に感謝するという原点へ立ち返り、太陽が昇ってくる様子を撮影できる自然豊かで満天の星の丘がある北海道士別市にて撮影された。10月初旬に撮影は行われ、地元である(株)札幌丸井三越のメンバーが中心となり、映像にも登場する竹あかりの制作や、夕方から夜にかけての撮影にも関わらず子供からお年寄りまで3日間で延べ800名の市民が参加した。そして12月17日には、実際に北海道士別市にて【冬至祭】が開催される。映像はYouTubeにて公開中。

◎「冬至祭PRムービー」情報
映像:https://youtu.be/90ekWKSpL6U
時間:2分31秒
撮影場所:北海道士別市
出演者:延べ800名の士別市民、延べ43名(株)札幌丸井三越のメンバーほか
テーマ曲:高木正勝(映画『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』などの音楽を手がける)

関連記事リンク(外部サイト)

LUNA SEA、クリスマス・ライブをWOWOWで生中継
ペンタトニックス、最新クリスマス・アルバム全貌公開 国内盤11/23に発売
UVERworld クリスマスの日本武道館ライブ映像作品から「Roots」先行公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。