ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村文乃の困り顔が可愛すぎるッ! 『RANMARU 神の舌を持つ男』よりズブ濡れ光の場面写真解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

08950_YN7_3542
『ケイゾク』『トリック』で知られる堤幸彦監督が20年来温めてきた「日本人の誰もが愛する“温泉”を舞台に、旅をしながら事件の謎を解決するミステリー」というアイデアを実現した『RANMARU 神の舌を持つ男』。劇場版が2016年12月3日より公開となります。

「絶対舌感」という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸という特殊すぎる役に向井理さんが挑み、木村文乃さんの異常な可愛さ、佐藤二朗さんの安定の面白さ等が、色々な意味で話題となったドラマがどの様な映画に仕上がっているのか?!

【ストーリー】「絶対舌感」という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸(向井理)は、唯一、口内細菌を気にすることなくキスできる相手に失恋し、傷心の旅の途中、行き倒れてしまう。気がつくと、そこは怪しげな鬼灯村。人工呼吸された時、その口内の細菌になぜか不快感のなかった女医・りん(木村多江)に興味をもった蘭丸は、伝説の三助として語り継がれる「大津のヘースケ」の孫であることを生かして、村の温泉で働くことにする。甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)が蘭丸を追って村にやって来た頃、村の空気は次第に不穏さを増していく。鬼灯村は玄武岩が多い土地柄で良い成分の水が沸く。その為、住民たちは温泉で村おこしをしようと試みていたものの、最近、黒水が出て対処に追われる上に、不吉な鬼火が目撃され、さらには秘かに語り継がれていた「子殺しの温泉」という曰くつきの悪評が明るみに出て、問題てんこもり。村が大騒ぎになっていた頃、大陥没地帯で遺体が発見された!殺されたのはりんと恋仲だと噂されていた卜真(うらない・まこと)だったことから、たちまちりんに疑惑の目が向けられる。りんは事件と関係しているのか?不吉なことが次々と起る理由は一体……?そして、りんを責めるように老婆たちが集まって歌い踊る妖しい「かごめかごめ」に隠された謎とは……?蘭丸の舌が、封印された村の秘密を明るみにする!

今回、映画公開を前に流行りの困り顔が愛らしい木村文乃さん演じる「甕棺墓光」のキュートな場面写真が解禁。甕棺墓光は、いつでもどこでも超ハイテンション。おまけに2時間サスペンスマニアで、事件が起こるたびに勝手な妄想で周りをかき乱すそのウザさ。つまりは『RANMARU』のお賑やかしキャラです。

しかし、この画像はそんな光の普段は見れない困り顔。鬼灯村に語り継がれる恐ろしい呪い。そのいわれをボヘミアンの女将の花乃(財前直見)から聴かされる蘭丸と光と寛治の三人。あまりに恐ろしさに、さすがの光もいつものハイテンションというわけにはいかず? ほんの一瞬見せるいつもとは違う可愛らしさ溢れる光の困り顔は必見。そしてなぜこんなにも光はびしょ濡れなのか! その世にも恐ろしい真相はぜひ本編をご覧ください。

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』
http://ranmaru-movie.jp

(C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。