ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お得情報】『ポン・デ・リング』も108円だぞ! ミスドの定番35種類が値下げ決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


みんな大好きな王道スイーツ、ドーナツ。そんなドーナツを販売するミスタードーナツのドーナツが11月 8 日(火)より、定番ドーナツの一部価格を値下げする価格改定を実施します。

今回の価格改定では、現在販売しているドーナツおよびパイ43種類のうち、『ポン・デ・リング』類6種、『オールドファッション』類6種、『フレンチクルーラー』類6種、『イーストリング』類9種等、の計35種類。おいしいさはそのまま、10~30 円(税抜き)の値下げとなるそう。

新ブランドスローガンは『いいことあるぞ MisterDonut(ミスタードーナツ)』


ミスタードーナツは「おいしいドーナツを通じてたくさんのいいことを提供したい、ミスタードーナツを通じていいことをたくさん体験していただきたい」という新しいブランドスローガン“いいことあるぞ MisterDonut(ミスタードーナツ)”のもと、いつでもおいしいドーナツをより幅広い方々に楽しんでもらうことを目的に価格改定(値下げ)を決定したとのこと。


ドーナツを通じて幸せを感じてもらいたい想いから「毎日ドーナツを食べてもらうには?」と、定価の見直しに至ったそう。

価格改定後の新価格はこちら。

<改定価格一覧>
『ポン・デ・リング』140円(税込)→ 108円(税込)
『ポン・デ・黒糖』   140円(税込)→ 108円(税込)
『ポン・デ・シュガー』140円(税込)→ 108円(税込)
『ポン・デ・ストロベリー』151円(税込)→ 129円(税込)
『ポン・デ・あずき』162円(税込)→129円(税込)
『ポン・デ・エンゼル』162円(税込)→ 140円(税込)
『オールドファッション』140円(税込)→ 108円(税込)
『チョコファッション』151円(税込)→ 129円(税込)
『オールドファッションハニー』151円(税込)→ 129円(税込)
『オールドファッション黒糖』151円(税込)→ 129円(税込)
『ストロベリーファッション』151円(税込)→ 129円(税込)
『オールドファッションシナモン』140円(税込)→ 129円(税込)
『フレンチクルーラー』140円(税込)→ 108円(税込)
『ゴールデンフレンチ』151円(税込)→ 129円(税込)
『エンゼルフレンチ』162円(税込)→ 140円(税込)
『ストロベリーカスタードフレンチ』162円(税込)→ 140円(税込)
『キャラメルホイップフレンチ』162円(税込)→ 140円(税込)
『メープルエンゼルフレンチ』162円(税込)→ 140円(税込)
『ハニーディップ』129円(税込)→ 108円(税込)
『シュガーレイズド』129円(税込)→ 108円(税込)
『メープルリング』129円(税込)→ 108円(税込)
『シナモンリング』129円(税込)→ 108円(税込)
『ココアリング』129円(税込)→ 108円(税込)
『きなこリング』129円(税込)→ 108円(税込)
『チョコリング』140円(税込)→ 129円(税込)
『ストロベリーリング』140円(税込)→ 129円(税込)
『ホワイトチョコリング』140円(税込)→129円(税込)
『エンゼルクリーム』151円(税込)→ 129円(税込)
『カスタードクリーム』151円(税込)→ 129円(税込)
『きなこ&あずきホイップ』151円(税込)→ 129円(税込)
『ハニーチュロ』140円(税込)→ 129円(税込)
『ストロベリーチュロ』140円(税込)→ 129円(税込)
『チョコチュロ』140円(税込)→ 129円(税込)
『シナモンチュロ』140円(税込)→ 129円(税込)
『チョコレート』118円(税込)→ 108円(税込)
※店舗により取扱商品は異なります。


『ポン・デ・リング』も『オールドファッション』も『フレンチクルーラー』も108円(税込)! 100円ドーナツはつい食べたくなるお値ごろ感ですよね。


新価格は11月8日からスタート。いいことあるぞ!

ミスタードーナツ
https://www.misterdonut.jp/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP