ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【メンバー・コメントあり】Maison book girl、圧倒的な世界観を見せた2ndワンマン・レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月6日(日)、Maison book girlが、2度目となるワンマン・ライヴ〈Solitude HOTEL 2F〉を渋谷WWW Xにて開催。約700人の観客の前で1時間40分に渡るライヴを行なった。

ブクガは、2015年の11月23日に初めてのワンマンを東京・WOMBで開催。それから約1年が経ち、徳間ジャパンからのメジャー・デビューを目前に控え、チケットも即日完売。大きく状況が変化して臨むワンマン・ライヴとなった。

約5分押しで会場が暗転すると、透明な水のなかに墨が混じっていくような映像とともにオープニングSEが流れ、矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミがステージに登場、メジャー・デビュー・シングル『river』収録のリード楽曲「cloudy irony」をスタートに約1時間半にわたるライヴは幕を開けた。

WWW Xのサウンドシステムが鳴らすブクガ楽曲の低音は強烈で、端正で数学的な楽曲が肉体的なサウンドとしてブーストされているかのような効果をもたらした。「snow irony」ではメンバーがオイオイと煽り、客席からもオイオイコールが起こる。変拍子のクラップからはじまる「bath room」ではクラウドサーフするお客さんも見えるなど客席も異様なテンションになっていった。

静かに盛り上がっていく「sin morning」を経て、メンバーの名前をコールする見せ場のある「film noir」から「remove」「last scene」「最後のような彼女の曲」と曲間なしのノンストップで披露。客席から飛び交うミックスの声も次第に一体感が出て大きくなっていく。

メジャー・デビュー・シングル収録曲である「karma」がもはやドラムンベースといっていい激しいキック音の連打で盛り上がりを推し進めていき、管楽器を演奏する振り付けではじまる「faithlessness」を歌うとメンバーは一度ステージから去った。

ひぐらしが鳴いているようなSEを経て、誰もいないステージ上のスクリーンに流れたのは、キャベツやトマト、ゆで卵などを包丁で刻む映像。それとともにメンバーによるポエトリー・リーディングの音声が鳴り響く。どこかグロテスクなサウンドエフェクト、詩の内容、鮮やかだが無機質な動画がミックスされた世界観は、それまでの肉体感あるライヴを一度リセットするかのようであった。衣装を着替えた4人が再び登場するとノートを手にとり「empty」のポエトリー・リーディングを披露した。

ライヴはいよいよ終盤へ。「lost AGE」のイントロが鳴り響きステージ上の4人が歌をうたいながらフォーメーションを見せると「bed」へ。ミックスが起こり再び熱を帯びていくお客さんたち。そして本編最後は青いライトに照らされながら「blue light」を歌ってライヴは幕を閉じた。

当然のように起こるアンコール。拍手は「bath room」で使用されているリズムの変拍子。しばらくして、この日限定で販売している黒いTシャツを着てメンバー4人がステージに登場した。

「ここに700人くらいいるらしいんですけど、お客さんの顔が見えないので本当にいるのかな?」とコショージが言うと客電がつき、会場後方までお客さんの顔をみわたすメンバー4人。「チケットが即日完売で、そのあとキャンセル分に張り付いているよって言ってくれる人もいて嬉しかったです」と素直にワンマンに多くの人が集まったことを語り、グッズの紹介へ。

「ワンマンが1年ぶりで、この景色をみるの1年ぶり」「キャパ的に人数も増えているし、いなくなってしまったお客さんもいて入れ替わっているから、前回よりすごくたくさんの人が来てくれている」と、井上が冷静で建前のないトークで会場を笑わせると、コショージが「ものすごい勢いのあるグループってことですよね? 勢いついでにみなさんにお知らせがあります」とアナウンス。

お客さんと一緒に合図をすると、ステージ上のスクリーンに「Maison book girl NEW ALBUM 『image』」の文字が。大きな拍手のなか、「ニュー・アルバム、来年の初春にでます」と語るとより大きな歓声があがった。

途中でお客さんの指摘により「release」の綴りが間違っており「レレセ」になっていることがわかると、メンバーも爆笑。恥ずかしいと文字を隠そうとしながらも「それ(アルバム)よりも前にレレセ、あるんですよ」と笑いを誘った。11月30日にメジャー・デビュー・シングル『river』がリリースされることをアナウンスし、この日2回目となる「cloudy irony」を披露した。

そして本当に最後の楽曲「my cut」のイントロが流れると、一瞬で歓声が鳴り響きこの日一番のミックスが起こった。リフトやメンバーの名前を呼ぶ声が会場にあふれこの日最大の一体感を見せ、ステージ上のメンバーもともに汗をかき笑顔で2回目のワンマンは幕を閉じた。

約1ヶ月前にWWW Xのイベントに出演した際、ブクガはワンマンを想定して緊張しながらライヴを行なっていた。その日とは違い、この日の緊張感は彼女たちのパフォーマンスを押し上げるよい緊張感として働いていた。幾何学的な楽曲や世界観を汗だくになりながら再現し、客席のミックスやコールが混ざり合って生まれる異様なグルーヴ。音源で楽しむ素晴らしさとは別の、ここにしかないブクガの世界観が如実に伝わってくる2ndワンマンだった。(西澤裕郎)

写真 : 齋藤明

■メンバーコメント

井上唯
1年前のワンマンとは違う緊張感があり、でも1年前と違い自信を持って堂々と
ライヴができた気がします一瞬でおわった楽しかったありがとうまだまだ先へ!!!

和田輪
視界に入る全員が私たちのために集まってくれていることがたまらなく嬉しかったです! 1stワンマンに比べて力がついてきていることも体感できたので、次回はもっと大きな会場でもっとすごいことがしたいです。ご来場のみなさんありがとうございました!

矢川葵
本番直前までは緊張していましたがステージに立ってファンの皆さんの顔をみた瞬間嬉しさが緊張を上回り最初から最後までとても楽しんでパフォーマンスができました! ここにいる人たち全員を楽しませたい、幸せにしたいとより一層強く今日思えたのでもう次のワンマン・ライヴがしたい気持ちでいっぱいです、ほんとうにありがとうございました!

コショージメグミ
兎に角、頭がぼーっとします。体も動かないとゆってきます。それなのにもう今すぐ「ライヴがしたい」と私は思っています。ワンマン・ライヴがもう一度したい! はやく、今!

〈2nd oneman live「Solitude HOTEL 2F」〉
2016年11月6日(日)渋谷WWW X
セットリスト
1. opening SE
2. cloudy irony
3. snow irony
4. bath room
5. sin morning
6. film noir
7. remove
8. last scene
9. 最後のような彼女の曲
10. karma
11. faithlessness
12. SE
13. 14days
14. empty
15. lost AGE
16. bed
17. blue light
ENCORE
1. cloudy irony
2. my cut

Maison book girl / cloudy irony

https://www.youtube.com/watch?v=zQpDoGzGMfY
■商品情報
Maison book girl / river (cloudy irony)
2016年11月30日発売
初回限定盤 : CD+DVD / TKCA-74435 / 1,667円+税  
通常盤 : CD / TKCA-74436 / 1,204円+税
収録曲 :
1. cloudy irony
2. Karma
3. 14days
4. cloudy irony (instrumental)
5. karma (instrumental)
6. 14days (instrumental)
*初回限定、通常盤共に同内容
<初回限定盤付属DVD>
・cloudy irony (music video) ・snow irony (live on Aug.9, 2016)
・film noir (live on Aug.9, 2016) ・bed (live on Aug.9, 2016) 
・blue light (live on Aug.9, 2016)

■インストアイベント情報
・予約イベント
2016年11月19日(土)タワーレコード新宿店
2016年11月20日(日)タワーレコード渋谷店
2016年11月24日(木)タワーレコード錦糸町店
2016年11月25日(金)タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
2016年11月27日(日)タワーレコード難波店、タワーレコード梅田NU茶屋町店
・リリースイベント
2016年11月29日(火)タワーレコード川崎店 
2016年11月30日(木)新星堂サンシャインシティアルタ店
2016年12月1日(木)タワーレコード八王子店
2016年12月2日(金)タワーレコード横浜ビブレ店
2016年12月3日(土)タワーレコード新宿店
2016年12月4日(日)タワーレコード渋谷店 
2016年12月9日(金)渋谷 HMV&BOOKS TOKYO

詳細はレーベルHPまで
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/maisonbookgirl.html

・Maison book girl インタヴュー(OTOTOY)
http://ototoy.jp/feature/20150923

・Maison book girl オフィシャルサイト
http://www.maisonbookgirl.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP