体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「最初からこういうつもりだったんだ…」不意打ち初体験の重い衝撃~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-23

いきなりですが、あなたの初体験はいつでしたか?それはいい思い出ですか?男女どちらでも、色々予備知識はあったものの、フタを開けてみたら……という人も多いと思います。今回は不意打ちの初体験に打ちのめされる、紫の君の混乱をご紹介しましょう。

「もう我慢したくない」一文で表現される初夜

正妻・葵の上の四十九日が明け、源氏は久しぶりに自宅の二条院へ戻ってきました。綺麗に掃除され、仕える人びとはみな美しく装い、目がさめるよう。源氏は紫の君の乳母の少納言がよく采配しているのに感心します。一方、喪服一色だった左大臣家の人びとが、今も悲しんでいるだろうと思うと哀れです。

紫の君は可愛らしく座っていました。横顔や頭の形は、恋しい藤壺の宮にいよいよそっくり。少しはにかんで微笑んでいる様子も上品で申し分なし。「しばらく会わない内にとても大人になったね。これからはずっとここにいるよ。うるさがられるかもしれないけど」。

乳母の少納言はその言葉を聞いて、嬉しくも複雑でした。「姫様を大事にしてくださるのだろうけど、立派なご身分の恋人が多いから、新しい正妻があらわれるかもしれない。安心はできないわ」。

源氏の「大人になった」という感想は、そのまま男女としての関係を意味していました。以前のようにただただ可愛がるだけでなく、男としての目線で彼女を見始めていて、早い話がそろそろやりたくてしょうがない…!

紫の君はもう14歳で、年明けには15歳になります。当時としては結婚適齢期に入っているので、手を出さずに我慢しているのが辛いなあ、という感じ。ちなみに、源氏は葵の上の四十九日は終えていますが、まだ喪中です(この時代、妻の喪に服すのは3ヶ月)。

紫の君と遊ぶ折に、ちょっと色っぽい冗談などを言ってみるのですが、彼女は何のことだかよくわからない。以前と同じように、お父さんかお兄さんのように思って、一緒に過ごし、同じ寝台で休んでいました。もう我慢したくない…。

ある朝、源氏は早く起きたのに、紫の君がいつまでも起きてこないことがありました。ひたすら、掛け布団代わりの着物をひっかぶっています。

「男君はとく起きたまひて、女君はさらに起きたまはぬ朝あり」。紫式部はこれだけしか表現しませんが、却って想像力をかき立てられる一文です。女房たちも2人の習慣は知ってるので、何か決定的な事が起こったとは思わず、具合でも悪いのかと心配しています。

誰もいない時に、紫の君が顔を出してみると、枕元には源氏の手紙がありました。「ずっとずっと一緒に寝ていたのに、2人の間にどうして何もなかったんだろうね」

ああ、この人はずっとこういうつもりだったんだ。どうして今まで、疑いもせず、なついて信じていたんだろう!そう、この人はお父さんでもお兄さんでもない。自分の最愛の人にそっくりな彼女が成長するのを待ち、自分のものにするために養ってきただけの男だったのです!

結婚とは、男女が結ばれるとはどういうことか。源氏をただただ無心に信じていたのに、不意打ちで裏切られたショックの大きさ。もうここは本当にかわいそう。びっくりしたどころじゃないよ~。

性別が女であること、男性から性的な対象として見られること。たまたま女に生まれてきただけなんだけど、ただ女だからってだけで、こういうことから逃れられない。それはなんて面倒で嫌なことだろう…と、ここを読み返す度に重い気分になります。

昼頃、源氏が様子を見に来ます。「具合が悪いの?今日は碁はしないの?つまらないなあ」。着物をめくると、全身汗びっしょりで、前髪もひどく濡れています。

「汗びっしょりじゃないか。大変だ」源氏はなだめたりすかしたりして、機嫌を取りますが効果なし。彼女は一言もものも言わず、ひたすら泣いて怒っています。

先ほどの源氏の手紙にも返事はなし。男女が結ばれたときの『後朝の文』ルールも一切無視。源氏にはそれも子供っぽくて可愛く、結局一日中機嫌を取って過ごしましたが、彼女の怒りは解けません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy