ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『シャリカレーパン』『シャリコーラ』の次は? くら寿司から“牛丼を超えた、『牛丼』”が登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『シャリカレーパン』『シャリコーラ』と、変わり種メニューの快進撃を続ける、回転寿司チェーン店『無添くら寿司』。

今回は、2万杯の試作を重ねて6年の歳月をかけて開発されたという無添くら寿司の新製品“牛丼を超えた、『牛丼』”が11月2日に発表されました。

『無添くら寿司』の新製品は“牛丼を超えた、『牛丼』”

無添くら寿司より、11月4日から発売される新製品はその名も“牛丼を超えた、『牛丼』”。回転寿司チェーン店でありながら、扱われるサイドメニューは多彩。

サプライズの連続。

ラーメンにカレー等、回転寿司チェーン店と想像もつかないサイドメニューが並びます。


発売の背景として、サイドメニューの拡充によって手頃な値段でいろんなメニューをたべてもらえるようにとの思いからこの“牛丼を超えた、『牛丼』”考案されたそう。

回転寿司チェーン店ならではのこだわりは魚介だし


味の決め手となる特製だれとして、“醤油”、“砂糖”、“みりん”、“酒”に加えて、無添くら寿司ならではの、マグロ、カタクチイワシ、ウルメイワシ、カツオ、ソウダガツオ、アジ、サバを使用した『7種類の魚介だし』が特徴。

特製だれと国産玉ねぎの甘味が染み込んだ柔らかいお肉。牛肉は赤みと脂身のバランスが絶妙な牛肉を厳選。玉ねぎはこちらも厳選した国産のもの。素材や味など随所にこだわり尽くしの一品。

記者も食べてみました。ごはん部分に特製だれがしっかりとしみ込んでおり、上品な味わいの特製だれと、濃厚なお肉の食感が口の中で合わさって絶妙。たれが最高! とろけます。


発表会では岡田結実さんとじゅんいちダビッドソンさんが登壇。岡田さんは「お手頃だから学生でも何杯でも食べられちゃいますね~」とコメント。

“牛丼を超えた、『牛丼』”は、全国の『くら寿司』にて11月4日から発売開始。

公式サイト

株式会社 くらコーポレーション
http://www.kura-corpo.co.jp/

製品詳細情報

商品名/価格:「牛丼を超えた、『牛丼』」 /  370円(税込399円)
※全国の「無添くら寿司」(379店舗、11月2日現在)にて販売
※一部店舗では価格が異なります。
※お持ち帰り可(一部店舗では不可)。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP