ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KIRINJI、全国ツアー千秋楽でRHYMESTERとステージ初共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 10月31日に東京・品川ステラボールでKIRINJIの2年ぶりの全国ツアー【KIRINJI TOUR 2016】の最終公演が開催された。
 暗転のなかKIRINJIが登場し、メンバーそれぞれによる不規則な手拍子から始まったライブ1曲目は「fake it」。8月3日にリリースされた最新アルバム『ネオ』に収録されたこの曲のあやしげなイントロが流れると、観客席からは大きな歓声が沸いた。そして、2曲目には兄弟時代にリリースされたポップな名曲「今日も誰かの誕生日」が演奏された。この日のライブでは、『ネオ』に収録された楽曲を中心に演奏しながらも、「進水式」、「だれかさんとだれかさんが」、「雲呑ガール」など前作『11』に収録された楽曲、「温泉街のエトランジェ」「Golden harvest」「P.D.M」などの兄弟時代として発表した楽曲、そして堀込高樹のソロ名義で発表された「涙のマネーロンダリング」といった幅広い楽曲が披露された。
 バンド編成に生まれ変わってからのKIRINJIの大きな特徴のひとつは、堀込高樹以外のメンバーもメイン・ボーカルをとっていることだが、この日もドラムの楠均が歌う「ONNA DARAKE!」、ベースの千ヶ崎学が初めてメイン・ボーカルを務めた「失踪」や、キーボードのコトリンゴがしっとりと歌う「恋の気配」、そしてギターの弓木英梨乃がハンドマイクでステージ上を練り歩きながら歌った「Mr. BOOGIEMAN」などが次々と披露され、曲ごとに切り替わるカラフルなサウンドで観客を魅了した。

 全19曲で構成された本編が終了すると、客席からはアンコールの拍手と歓声が沸き起こった。数分後メンバーが再びステージに戻りライトアップされると、ステージ脇には「RHYMESTER」と書かれたDJブースが登場していた。そして「今日は特別なゲストを呼んでいます。RHYMESTER!」という堀込の呼びかけに応じて、宇多丸、Mummy-D、DJ JINが登場すると会場はひと際大きな歓声が上がり、KIRINJIとRHYMESTERが並び立つというファン待望の2ショットが実現した。RHYMESTERの紹介を終えると、KIRINJIの演奏をバックにRHYMESTERのオリジナル曲「フラッシュバック、夏。」が披露された。そして次に『ネオ』収録のリードトラック「The Great Journey feat. RHYMESTER」のライブ演奏が初めて実現した。サポートの矢野博康を加えたKIRINJIの圧倒的なグルーヴ感あふれるアンサンブルをバックに、宇多丸とMummy-Dがアルバムよりもさらにワイルドで切れ味を増したラップを披露。また、途中、ベースの千ヶ崎とターンテーブルのDJ JINの激しいソロバトルが繰り広げられ、場内の盛り上がりは最高潮となった。
 全13公演の今回のツアーでKIRINJIはライブ・バンドとしてまた一層大きな成長を遂げた。中でも、この日の千秋楽公演はその集大成と呼ぶにふさわしい圧巻のステージだった。
◎セットリスト
1. fake it
2. 今日も誰かの誕生日
3. だれかさんとだれかさんが
4. 雲呑ガール
5. ONNA DARAKE!
6. 失踪
7. 恋の気配
8. 進水式
9. 温泉街のエトランジェ
10. 日々是観光
11. Witchi Tai To [Harpers Bizarreカヴァー]
12. 真夏のサーガ
13. 水郷
14. あの娘のバースデイ
15. fugitive
16. 涙のマネーロンダリング
17. Mr. BOOGIEMAN
18. Golden harvest
19. 絶対に晴れて欲しい日
ENCORE
20. フラッシュバック、夏 feat. RHYMESTER [RHYMESTERカヴァー]
21. The Great Journey feat. RHYMESTER
22. P.D.M
23. うちゅうひこうしのうた [坂本真綾カヴァー]
24. ネンネコ

関連記事リンク(外部サイト)

KIRINJI、2年ぶりの全国ツアー東京公演開催。ツアーファイナルでRHYMESTERの出演を発表!
KIRINJI、待望のニューアルバム『ネオ』が8月3日に発売決定!
KIRINJIいよいよ明日、ラジオゲスト出演&コラボ新曲世界初オンエア

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。