ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“指一本”で危険から身を守る方法 護身術のエキスパートが伝授

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
(c)Base Productions

 世界中で日々、何も罪のない人たちが、強盗や殺人などの被害に遭っている。一般の人たちは、一体どのようにして危険から身を守ればいいのか。2011年11月27日にニコニコ生放送で放送された「ニコニコ ナショナル ジオグラフィック チャンネル- テクノロジー編-」では、自分の身を危険から守る方法を、護身術のエキスパートであるアミール・ペレツさんとともに、さまざまな科学技術を使って検証していった。

■”指一本”で相手の動きを封じる

 護身をする上で一番大切なのは、身体の弱点を知っておくことだ。アミールさんは、身体の弱点は「誰も鍛えられないところだ」と言い、「目、鼻、人中、あご、あごの先端、こめかみ、のど、気管、けい動脈、鎖骨、みぞおち、股間、肝臓、太もも、そしてすべての関節」を挙げた。しかし、身体の弱点を知っていても、格闘家のようなテクニックを身に付けていない人間は、どのようにして身を守ればいいのか。アミールさんによると、「鼻と上唇の間にある”人中”」を狙うといいという。人中を狙えば、たった”指一本”で相手の動きを封じられるというのだ。

「面白いことに、この部分に少し力を加えるだけで、相手から自由を奪うことが出来る」

と、運動生理学者のデイビッド・サンドラーさんは言う。指一本で相手の動きを止められる理由は、首を後ろに押すことで体のバランスが崩れるからだそうだ。どんなに力が強い人間でも、身体のバランスを崩されてしまうと、思い通りに動けなくなるという。さらに、人中は感覚神経の末端に位置しており、ここを強く押すと神経が押しつぶされて激しい痛みを感じ、涙が出ることもある。女性が実験で人差し指を屈強な男性の人中に添え、上方向に45度の角度で押すと、男性の動きは封じられた。護身術のエキスパートは、相手の人中を一撃して、逃げることを勧めている。

■身近なグッズを使って護身

 どこにでもあるものを使って、護身することも大切だ。多くの人は気付いていないが、大抵の人は武器になるものを日常的に持ち歩いているという。特に効果的なのが、「カギ」と「雑誌」だそうだ。カギと雑誌は、どれほど護身に効果的なのか。番組では弾道検査用のジェルを使用して、人間の頭部の骨と顔面の皮膚を忠実に再現したヘッドフォームと、ガラス板を使用して科学的に実験。ヘッドフォームは人間の骨がすべてあり、弾道検査用のジェルでその骨を被っている。

 まず、カギの先端を人差し指と中指の間から出して握る。すると、拳からカギが突き出た状態になる。男性がその拳でヘッドフォームの顔面を殴ると、112キロの力でジェルを貫き、ほお骨に当たった衝撃で方向が変わり、眼窩に突き刺さった。専門家によると、「間違いなく骨が折れるだろう」という。単位面積あたりに働く力は、働く面積が小さければ小さいほど強くなる。つまり、力のすべてがカギの先端に集中するため、力が弱くとも相手に深いダメージを与えられるのだ。

 雑誌についても同じ原理で、出来るだけ丸めて細くし、それを真ん中で二つに折って硬くする。その先端で厚さ3ミリの強化ガラスを殴ると、1平方センチメートルあたり1265キロの力が働き、ガラスは粉砕した。一方、ただのパンチでは、強化ガラスは割れなかった。当たる表面積が小さいほうが、より強い力を生み出せる。硬い先端でのどを突いて気管をつぶせば、相手は呼吸が出来なくなるそうだ。

■「肉体」だけでなく「精神」も鍛えるべし

 襲われた際、重要なのは自分の「心と体」だ。心と体は恐怖に反応し、その反応の仕方で大きく違いが生じるからだ。

 恐怖に襲われた際、真っ先に反応するのは脳。まず、脳の視床下部が体内に働きかけ、アドレナリンなどのストレスホルモンが血液中に大量に流れる。すると呼吸と心拍が速まり、心臓や肺に多くの血液を送るために一部の血管が収縮する。その一方で、ほかの血管は膨張して、すぐに体が動けるようにするために、大きな筋肉に酸素を送り込む。そして、音に対する注意が弱まり、瞳孔が大きくなって視野が狭くなる。つまり、危険を感じると、肉体は危険から逃がれる準備を始めるのだ。

 また、危険を感じると分泌されるアドレナリンについては、正しい知識と経験があるとそれを上手く活かすことができるという。ある研究データによれば、アドレナリンが多く出ている状態では、人間は2倍素早く反応出来る。力の強さは通常の3倍。正しい知識を学び訓練を詰めば、誰でも躊躇(ちゅうちょ)なく素早く反撃が出来るようになるそうだ。

「肉体だけでなく精神も鍛えておくこと。そうすれば、自分を守れます」

と、アミールさんは語る。大切なのは周囲の状況を認識することと、危険を感じたときに体がどう反応するか知っておくことだという。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「指一本で相手の動きを封じる方法」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68963978?po=news&ref=news#1:43:51

(中村真里江)

【関連記事】
リアル”プリズン・ブレイク” 難攻不落のハイテク刑務所から脱獄した男
究極のタブー「カニバリズム」のあった地に探検家ピアーズ・ギボンが踏み入る
地球外生命体は太陽系にも存在するか 「エイリアンに遭遇する方法」を科学的に検証
「地球を壊滅させる5つの方法」など ナショジオ・宇宙サイエンス編2エピソードをニコ生で
英アマゾンで金属バットやシャベルの売上が激増 暴動の影響か?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。