ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ジャンクなご馳走】コンビニで売っている「酒のおつまみ」だけで作る超簡単パエリア【ウマすぎ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「すご~っく、ジャンクなものを食べ倒したいです!」と妻。

「ほほう、イキナリですね」と私。

「でも、セコくないご馳走感が欲しいので!」

「欲しいので!?」

「コンビニや酒屋さんで買えるおつまみでパエリア作ってみましょう!」

「ほぉ~!? 美味しくなりそう?」

「大丈夫DEATH!!」(デス声&爆音ギター入る)


集めた缶つま&酒つまはコレダ!

まずはコンビニとかで売っている缶詰を入手。オイルサーディン、牡蠣のスモーク、アサリのスモーク、ムール貝のスモーク、コンビーフ。

乾きモノは乾燥おつまみシジミ、ソフトさきイカ、ドライソーセージ、チーズと鱈のスティック、フライド・グリーンピース、カレー煎餅、コンソメ味のポテトチップス。

その他、ウズラ玉子の水煮、野菜ジュース、オレンジジュース。

以上でございます。

それから別にお米と塩等も忘れずにご用意下さい。

これらの食材だけで、魚介のパエリアミート・パエリアを作ってまいります。

すでに出来ているおつまみを使うので、具材を下準備したり調味料をあれこれ工夫する必要がなく、非常にお手軽なのだ!

魚介のパエリア

材料は 米 1カップ(米は研がない) スープ[野菜ジュース 1カップ+水 1カップ+塩 小さじ1] 出汁の役割[乾燥おつまみシジミ 大さじ1/2] オリーブオイル 大さじ2 具材[オイルサーディン 4尾、牡蠣のスモーク 4粒、ムール貝のスモーク 8粒、アサリのスモーク 20粒]

分量は今回はこんなものですが、適当に美味しそうな魚介の缶詰を選んでアバウトにドーゾ。

まず野菜ジュース1カップと水1カップと塩小さじ1を鍋に入れ沸騰させスープを作ります。

フライパンにオリーブオイル大さじ2杯を入れて火にかけ、さらに米1カップを入れて炒めます。

米が透明から白色に変わったら、先ほど作っておいたスープを投入し、

乾燥おつまみシジミ大さじ1/2も投入して、

5分ほど強火で煮込む。

魚や貝等のおつまみ缶詰の具材を見栄え良く並べて

フタをして弱火で12分加熱

12分後に火を止めて、フタをしたままさらに10分蒸らしたら

出来上がり。

ミート・パエリア

材料が変わりますが、作り方の基本は一緒です。

材料は 米 1カップ(米は研がない) スープ[オレンジジュース 1カップ+水 1カップ+塩 小さじ1] 出汁の役割[さきイカ みじん切りにして大さじ2~3] オリーブオイル 大さじ2 具材[コンビーフ 1/2缶、ドライソーセージ 縦半分にカットして5本、ウズラ玉子煮 7個]

具材の種類と分量はやはりアバウトでOKですが、コンビーフは味の決め手になるので必須かと。それとコンビーフだけ入れるタイミングが違います。

鍋にスープを作り、

お米を炒めて

スープを投入し、さきイカみじん切り大さじ2~3も投入して、5分ほど強火で煮込む。

先にコンビーフを投入して、

まんべんなくほぐして、

ドライソーセージとウズラのたまごを見栄え良く並べて

フタをして弱火で12分加熱

火を止めてさらに10分蒸らしたら

出来上がり。

蒸らしている間にトッピングの準備。

コンソメ味のポテトチップスとカレー煎餅をビニール袋に入れ、

たたいて細かく砕いてておきます。

カレー煎餅はスリコギ等でたたくと良いです。

パエリアのトッピングはこんな感じです。

細かく砕いたコンソメ味のポテトチップスとカレー煎餅、フライド・グリーンピース、チーズと鱈のスティックといったところ。

酒つまパエリアの完成です!

ドドン!

と2種類の酒つまパエリアが完成致しました。

魚介のパエリアにはフライド・グリーンピースと細かくちぎったチーズと鱈のスティックをトッピング。

ミート・パエリアには細かく砕いたコンソメ味のポテトチップスとカレー煎餅の2色をふりかけ、やはりフライド・グリーンピースをトッピング。

ワインを用意してさっそくいただいてみましたが……。

どちらもうまい! 美味しい!

あとは好みになりますが、妻的には魚介のパエリアがお気に入りで、

「いや~自分で作ってアレだけど、こんなにパエリアになるとは思ってなかった」とのこと。

そして私的にはミート・パエリアが気に入りました。

コンビーフが好きというのもありますが、パエリアのトッピングにコンソメ味のポテトチップスとカレー煎餅をふりかけたのが大正解です。パエリアのお米のモチモチとおこげのカリカリとふりかけのサクサクがなんとも言えない香ばしさと食感です。

味はさすがに本格的なパエリアと比べて、スナッキーな感じかもしれませんが、ジャンクというほどでもありません。

それに、超お手軽に作れてしまいます。

パエリアを本格的に作ろうと思ったら、サフランを下準備して、スープを下ごしらえして、具材も下ごしらえして……等々とやたらに面倒なので、カジュアルに楽しむにはこの方法で良いんじゃないかと思います。

今回は試作なので缶のつまみとかは贅沢に盛って余らせてしまいましたが、まあ具は1~2種類ぐらいでも良いのではないでしょうか。

それと、お酒のつまみ的にはこの塩加減が良いと思いますが、我々夫婦は薄味好みなので、スープの塩小さじ1は余分だったかなぁというのがあります。

飲みながら作ってて思ったんですけどね、コレって立ち飲みとか角打ちで「パエリアセット」としてセルフサービスで出したらウケるんじゃないかな、と。自分で売ってるおつまみとか選んで。

段取りとしてはもんじゃ焼きみたいな手間で作れるので、店員さんがチラッと教えるか、作り方の紙をテーブルに置くかぐらいで出来そうだし。

っていうかお店で飲みながら作ってみたいなぁと思ってしまいました。

ということで、作らせてくれる立ち飲み屋さんか角打ちを大募集です!

書いた人:吉田いつし

東京出身。エディトリアル・デザイナー。書籍の装幀や雑誌のデザインをしながら、散歩のフリーペーパー『路地と道くさ』を発行。東京ストローラブラボ代表。HPでブログ「路地と道くさな日々雑感」を毎日更新中。 HP:東京ストローラブラボ 猫の哲学「ネチカ」も毎日更新中

作った人:浅見ゆき

吉田の妻。吉田が自宅の仕事場で編集者と打ち合わせをしていると、突如居酒屋『路地亭』を強制的に開店し、酒と肴をお見舞いする。料理解析家(だいたいの料理は一度食べれば再現できる!)。 料理ブログ「浅ゆきの甘辛キッチン。」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

コチュジャン+マヨネーズの「コチュマヨ」ソースが万能過ぎる
おいしい・簡単・本格的! ハワイアン丼、ロコモコを作ってみる
【燻製料理まとめ】燻った姿に自分を重ねながら……お酒に合う燻製料理を作ってみる!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP