体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】土日祝日休み!ランチタイムの3時間しか営業しない洋食屋さんに行ってみた @『プティコック』

putico-hum020_r

秋葉原の食を制覇するガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、まだまだ筆者(YELLOW)の知らない店も数多く存在します。

正直、秋葉原舐めてました……。

ランチしか営業してない幻の『プティコック』

putico-hum018_r

ランチタイムを重視した店は多くありますが、土日祝日は休みで平日のランチタイムの3時間しか営業しないハードコアな店は、それほど多くありません。

まず平日しか営業していない時点でノーチャンスな人も多い事でしょう……。

しかし!

逆に言えばサラリーマン相手にランチをするだけで商売が成り立つのですから、それだけ美味しいランチである可能性……あると思います。

putico-hum017_r

むしろ『プティコック』の場合は、弁当を売るのがメインと思われ、店内でのランチはオマケって事かも知れませんね。

『海老フライ・ハンバーグライス』を所望する!

putico-hum015_r

しかし!

弁当に特化した結果『プティコック』のランチはリーズナブルでして、店内で食べるランチも“弁当価格”と言う奇跡を達成しています。

メニューを見るとどれも美味しそうで、何を食べるか悩んでしまいますね。

putico-hum016_r

『オムライス』(650円)は洋食の華、しかも『プティコック』のオムライスは“オールドスタイル”なので、まさに下町オムライスと言った風情があります。

『ドライカツカレー』(650円)あえてドライなカレーにカツをONする所に、シェフのアイデンティティを感じます。絶対美味い奴。

『ジンギスカンライス』(650円)洋食屋さんなのに、あえてジンギスカンを持って来るのは、逆にジンギスカンに絶対的な自信があるパターン。

『カニコロ・メンチカツライス』(700円)どちらも手作り、洋食屋さんのメンチカツは美味いので必食すべし!

『エビフライ・ショーガ焼ライス』(800円)一番値段の高いフラッグシップ。定食の王者“生姜焼き”は絶対的鉄板メニュー。

多分、どれを食べても美味しいと思われますが、正解は「全部食べなきゃダメ!」な可能性……あると思います。

『エビフライ・ハンバーグライス』を食す!

putico-hum019_r

整いました。

あれこれ3秒悩んだ結果、フライの王様“エビフライ”と洋食の定番“ハンバーグ”という、子供の頃の夢をそのまま3次元化したメニューにしてみました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。