ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q3のタブレット世界出荷台数は14.7%減、Amazonが3位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 IDC は 10 月 31 日(現地時間)、2016 年 Q3 の世界におけるタブレットの出荷台数に関する調査結果を発表しました。Q3 は Amazon がシェアを大幅に回復しており、再度 3 位にランクインしました。調査結果によると、同四半期の総出荷台数は前年同期よりも 14.7% 少ない 4,300 万台でした。中でも Samsung の出荷台数は前年同期比 19.3% 減の 650 万台と大幅に減っています。一方、Amazon は新型 Fire タブレットが好調だったのか、前年同期比 319.9% 増の 310 万台に増えました。ただ、Apple や Lenovo などのタブレット大手は軒並みマイナス成長で、さらに、上位 5 社以外の「Others」も前年同期比 29.2% 減なので、全体的に低迷しています。Source : IDC

■関連記事
Samsung、Galaxy S7 edge “Blue Coral”を本日よりグローバル展開
富士通、「arrows M03」のソフトウェアアップデートを開始
Google、Playストアの信頼性を維持するために詐欺やスパムインストールへの対策を強化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP